映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 ハワイ旅行から帰ってきて録画しておいた海外ドラマを観るのに忙しかった、てなことを旅行記のなかで云ってたと思いますが、件の海外ドラマのタイトルは『NUMBERS ~天才数学者の事件ファイル』といいます。原題はEがひっくりかえって数字の3が使われ、『NUMB3RS』となっちょります。現在アメリカ本国では第4シーズンが、日本では第2シーズンが放映中~。

 前々から事務所のU地さんがおもしろい! と云っていたので興味はあったんですよね。わが家も9月にようやくCATVをアナログからデジタルに切り替え、フォックスライフHDが視聴可能になり、第1シーズンをリピート放送をしていたので早速観始めたのでありました。で、いまやすっかりハマっているという(笑)。

 ジャンルとしてはミステリ物に入ると思いますが、事件解決への糸口をつかむために数学が使われているというのが新機軸。
 はっきり云って因数分解までしか理解できない数学オンチのわたしには (サイン・コサイン・タンジェント? なんだよソレ(涙目)!? の人間です…)、ドラマのなかで次々出てくる高等数学なんてチンプンカンプンですよ。それでもおもしろいのね、このドラマ。

 というのも、毎回起こる事件を追いかけながら、同時に主要登場人物であるエプス兄弟の関係を描くことにも重点が置かれていて、このキャラクターを掘り下げていく部分がなかなかイイのです。
 弟のチャーリーは数学者で、FBI特別捜査官である兄・ドンの担当する事件を、捜査官たちの持たない数学的な視点から考察していくんですが、この兄弟はそうやってチャーリーがドンの領域にかかわってくるようになるまでは、家族としてのつながりが非常に希薄というか疎遠だったようなんですね。

 それが、ひとつひとつ事件を解決していくうちに、今まで知らなかったお互いの考えかたや過去を知り、それぞれ相手に対する理解を深めて絆を強くしていくわけです。
 別にもともと互いを嫌っていたわけじゃないし (チャーリーなんてドン好き好き光線を体中から発している/笑)、こうなってくると兄弟の父親・アランも含めたエプス家はけっこうイイ年した男 (チャーリーが30歳目前、ドンはその5つ上) ばっかりの家族のわりに、おそろしく仲がよくなっちゃって、第1シーズン後半にはしょっちゅう3人 (たまにお客様をプラス) で食卓を囲んでいるシーンが登場するようになるのでした(笑)。

 ただ、どういうわけだか日本での放送のときは全13話ある第1シーズンのエピソードのうち、前半部分の6話が本来とは違う順番で放映されてるんですよね。だからドンとチャーリーの関係に (あとチャーリーが論文の指導教官をしているアミタとの関係にも) 微妙な食い違いが出てきてしまってるのです。なにも知らずに観てて「なんかヘンだな~」と思ってたんですが、この事実を知って納得ですよ。わざわざ放送する順序を変えることにどんな意味があるのかさっぱりわからんっ。

 チャーリー役のデイヴィッド・クロムホルツ、ドン役のロブ・モローとも、わたしが観たことがある映画にちょこちょこ出演しているらしいんですがまったく見覚えがないし、レギュラー・メンバーも知らない役者さんばっかり。かろうじてゲスト出演したルー・ダイアモンド・フィリップス、サラ・ウェイン・キャリーズ (『プリズン・ブレイク』のサラ・タンクレディ医師) がわかったくらい。FOX以外でCMを流してる様子もないしDVDも発売されてないし、本当にナイナイ尽くしのドラマなんだけど、わたしのツボを妙に押してくるドラマなのです。知ってる人も少なくて語り合える方がいないのが非常に淋しいので、この記事を読んで興味を持った方はぜひぜひご覧になってくださいね~♪

●『NUMBERS ~天才数学者の事件ファイル』のサイトはコチラ (FOX CRIME内)

以下は今後の鑑賞のためのわたしの覚書
  チャールズ・エプス (愛称チャーリー)
カリフォルニア科学大学 (実在しない?) の数学科教授。現在NSAとFBIの顧問 (相談役?)。いまだに実家暮らしで生活全般は父のアランが面倒を見ているらしい。第1シーズン途中まで家賃・食費など、生活費を一切入れていなかったことが判明(笑)。
3歳のときに暗算で4桁の掛け算をこなした天才児。4歳で特別クラスへ入学、スキップを繰り返し13歳で高校を卒業、東部のプリンストン大学へ進学。まだ一人暮らしできる年齢でない彼に母親がついて東部へ行ったため、両親は別居を余儀なくされた。カードゲーム全般、チェスが得意。スクラブルは大の苦手。恩師で友人のラリー博士いわく「君の講義は人気がある」。しかし「早口で支離滅裂」との評も。

  ドナルド・エプス (愛称ドン。たまにアランからはドニーとも)
FBI特別捜査官。同僚にデイヴィッド、テリー (第1シーズンで降板)、メーガン、コルビー (このふたりは第2シーズンから登場)。FBIのアルバカーキ支局で働いていたが、末期がんの母親の看病のためロス支局へ転属 (母親は第1シーズン当時の1年前にお亡くなりに…)。
両親が天才児チャーリーの教育のため時間をとられるようになったので、早くから自立。チャーリーと同じ高校を同じ年に卒業した。野球で奨学金をもらって大学へ進学、マイナーリーグでプレイしていたが、限界を感じてFBIへ。チャーリーいわく「必ず外角低めの球に手を出した」。
一応アパートを借りてひとり暮らしをしているが、仕事が忙しくほとんど帰っていない。というか実家に入り浸り (家賃がもったいないだろ~/笑)。アルバカーキ時代に婚約まで考えた彼女がいたが、現在はフリーの模様。

[PR]
by nao_tya | 2007-10-19 11:22 | ドラマ感想etc.

ハワイ旅行記・その10

a0005060_20123276.jpg
 楽しい時間は過ぎるのが早く、帰国の日まであっという間でした。
 行きと違って帰りのNW便はなんの問題もなく定刻どおりにホノルル空港を出発。帰りの8時間半はひたすら機内上映の映画を観て過ごしました。最近では当たり前の機体が多いみたいだけど、オンデマンド式で映画を流してくれるのってホントありがたいですよね~。
 観た映画は次のとおり (いずれも吹替版)。

4: RISE OF THE SILVER SURFER
 日本でも上映が始まっていた「ファンタステイック4:銀河の危機」ですね。
 映画館へ観にいくつもりだったんだけど、タダで観られるよ、ラッキー♪ と一番にコチラをチョイス(笑)。
 なんだかファンタスティック4のメンバーの活躍より、シルバー・サーファーの活躍のほうが印象に残ってるような感じですが(笑)、気楽に楽しめる映画でおもしろかったです。
 ただ、こういうアクション系の映画は、機内のちっちゃい画面で観るより、映画館の大スクリーンで観たほうが迫力がより伝わってきただろうな、という気はします。
 しかし一度観てしまうと、映像の迫力を味わうためにお金を払って映画館へ、と思わせるほどの内容でもないんだなぁ、この映画(笑)。

WAITRESS
 『M:i:III』でイーサンの教え子を演じていたケリー・ラッセル主演、エイドリアン・シェリー監督の映画で、日本でも11月中旬から『ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた』とうい邦題で公開されます。
 すごくドラマチックな展開があるわけじゃない地味めな映画だし、ラストが少々ヒロインに都合がよくできてる気もしなくはないですが、観たあとじんわり「おもしろかったな~」って思えた1本。なかなか良かったです! けっこうお勧め。
 支配的で暴力的な夫・アルと別れる計画を立てていたジェンナ (ケリー・ラッセル) が、ある日妊娠に気付いて…、というオープニングから、いったいジェンナがどういう決断をするのか、ジェンナの周囲の人間模様をからめながら展開していって、最後まで目が離せなかったです。

THE GOOD GIRL
 ジェニファー・アニストン主演、ミゲル・アルテタ監督の映画で、邦題もそのまま『グッド・ガール』。
 ジェニファー・アニストンって顔立ちの整った女優さんで華もあると思うんですが、この映画では見事に田舎の退屈な生活に飽き飽きした、ちょっと疲れた主婦になりきってました。
 ストーリーは今の生活に退屈している主婦が、さほどの悪気もなく刺激を求めてパート先の年下の男性と浮気をしたらとんでもないことに! ってな感じ。かなりブラックでシニカルな笑いに満ちたお話でございました…。嫌いな映画じゃないけど、落ち込んでるときとかはあまり観たくないかもな~。
 劇中で音楽がほとんど使われてなかったのが印象的。

 以上の3本を途中機内アナウンスに遮られながらも観たおして、続いてアニメの『CARS』を観はじめてたのに時間が足りなくてラストまでたどりつけなかった~。
 うぅ続きが気になるわ(笑)。

a0005060_2081484.jpg で、こちらは機内で出た昼食。昼食っていっても時間的には夕食ね。
 メインは鶏むね肉ローストのペペロナータソース和え、マッシュポテト、ミックスベジタブル。味は行きのカレーよりこっちのほうが好みだったかな。横に映ってるエビにはカクテルソースが付いてて、このソースがちょいピリ辛でおいしかったです。

a0005060_2083446.jpg 日本到着前に出た軽食はターキーとスイスチーズのクロワッサン・サンド。
 行きに出たクロワッサンよりはるかにおいしかった~(笑)! お蕎麦かクロワッサンかを選ぶようになってて、迷いながらもこっちにして良かったです。あ、でもお蕎麦を食べた姉もおいしかったと云ってたので、どっちでもハズレはなかったかも。

 てなわけで、わたしの夏休み・4泊6日のハワイ旅行は終わったのでありました。すごーく楽しくて充実した休暇でしたが、あちらで使ったカードの引き落としが怖い今日この頃…。
 それに、まだまだ行きたかったお店 (主にレストラン/笑) があるし、がんばって働いて貯金してまた行きたいな~。でも今度海外へ脱出するならヨーロッパ方面もいいな~。
[PR]
by nao_tya | 2007-10-14 20:13 | 雑記&日記

ハワイ旅行記・その9

a0005060_16531574.jpg
a0005060_16474345.jpg 前のスイーツの記事に入れ忘れたのでこちらに追加。ハワイにいる間、ほぼ毎日飲んでいた瓶コーヒーをご紹介。

 上の写真のはスターバックスのもの、下のがゴディバのものです。どっちもかなり甘いですがおいしい♪
 ゴディバのほうはカカオの風味がかなり強くて、コーヒーというよりココアっぽかったですね。
a0005060_1647548.jpg
 スタバのはABCストアに置いてあるんですが、ゴディバのはCOCO COVEというコンビニで発見。あとアラモアナ・ショッピングセンターのフードコートにもあったんだけど、ほかでは見かけなかったな~。お値段はスタバのが2.39ドル、ゴデイバのが2.69ドル (いずれも税別) でした。

 おもしろかったのは、ほとんどのコンビニの兄ちゃんがレジを打つときに「よ~く振ってから飲んでね!」と教えてくれたこと。これってマニュアルなの(笑)?? もちろんご忠告にしたがって思い切りシェイクしてからいただきましたよ~。

 さて、食べたものに関する記事ばかりあげてきましたが、しっかりお買い物もしました!

a0005060_1648774.jpg ハワイに着いてまず買ったのがこちら、クロックスのサンダル。バックストラップのほかに甲にもストラップがついてるメリージェーン・タイプがほしくて、あちこち探してしまいました。
 これはお土産というより旅行中の街歩き用ですね。軽いしムレないし海にそのまま入っても脱げないし、かなり重宝しました♪

 お値段は31.36ドル (税込) で、日本で定価で買うよりはわずかに安いです。しかしわたしの場合、ひとつ3ドルのチップ (甲についてるお花がソレ) も買ったので、総額としては高くついてしまった(笑)。

a0005060_1662551.jpg 続きましてはヴィゴとショーンの出演作のDVD。『ヒストリー・オブ・バイオレンス』 (←隠し映像が日本のより多い) と『トロイ』のディレクターズ・カット版 (←日本では未発売) でございます。『トロイ』を観始めてますが(*)、英語字幕とただいま格闘中…。

 両方とも観たことがある映画なので、できたら日本未公開の映画のDVDもほしかったんだけど、覗いたお店では置いてなかったのです。残念!

 *念のため云っておきますが、USA製のDVDはリージョンが日本とは違うので、リージョンフリーのDVDプレイヤーなどがないと再生できません。

a0005060_1665011.jpg こちらはワインでオーパスワン (2003年) です。憧れのワインですがイイお値段がするので飲んだことがなかったんですよね~。オーパスワンはカリフォルニア・ワインですが、同じアメリカ領なんだから日本で買うよりは安いはずだ! と勇んでワード・ウェアハウスの『リカー・コレクション』へ。

 ところがオープンの棚にはなくてがっかりしてたら、お店の人が「なに探してるの?」と聞いてくれたのです。「オーパスワンがほしいんだけど…」と訴えたら、隅っこの鍵のかかるセラーに置いてあることが判明。さすがにお高いワインだけはありますな~。

 機内持ち込みの荷物にはできないので、プチプチに包んでタオルで巻いて、スーツケースの真ん中、洋服の間に挟むようにして持ち帰りました。割れてなくてよかった~♪

a0005060_1672749.jpg 今回のお買い物で一番の出費はコーチのトートバッグ。
 いやぁまったく買う予定にはしてなかったのに、姉がコーチのショルダーバッグを買うというのでお店についていったらコレにひと目ボレしちゃって…。コーチはアメリカのブランドだから日本で買うよりは安かったし (←イイワケ)、思い切ってしまいました! ただいま通勤カバンとして使い倒し中~。

 というわけで、今回はお買い物編(?)でした。長々とアップしてきたハワイ旅行記、あと1回だけ記事をアップする予定です。お暇なかたはまた覗いてやってくださいまし~。
[PR]
by nao_tya | 2007-10-12 16:53 | 雑記&日記

ハワイ旅行記・その8

 前回の記事は持ち帰り不可のハワイアン・スイーツだったので、今回はお土産にもOKななおちゃお勧めハワイアン・スイーツをアップしたいと思います!

a0005060_21522299.jpg まずは今回の旅行中、あちこちでお店を見かけた『Honolulu Cookie Company (ホノルル・クッキー・カンパニー)』のクッキー。
 パイナップル形のクッキーは全部で8フレーバーあって、個包装になってるのもうれしい。個数にあわせたパッケージも種類が豊富で、もちろん1枚から買うこともできます。

  お値段は、わたしが買った8フレーバー×4個のアルミ缶入りのもので19.84ドル (税込)。大雑把な味のものが多いアメリカのスイーツですが (←偏見?)、こちらは歯ざわりがサクサクしてて、お味もかなりイケてました!

a0005060_21565842.jpg こちらは『Honolulu Chocolate Company (ホノルル・チョコレート・カンパニー)』のマカデミアナッツ・チョコ!

 わたしは初めてハワイにきたときにここのチョコを買って以来、誰かがハワイに行くと聞けばお願いして買ってきてもらうくらいのファンなのだ。
a0005060_21563626.jpg 有名なハワイアンホストなどのマカデミアナッツ・チョコも悪くないんだけど、ミルクチョコ、ダークチョコのいずれも『ホノルル~』のチョコが一番おいしいと思うんだな~。ナッツも大粒で食べでがあります!

 ワードセンターのショップにはすごい種類の量り売りのチョコがあるので、ショーケースの前でめちゃくちゃ悩んでしまった(笑)。ハロウィンが近いので、ハロウィン仕様のチョコも一杯あって、店内がすごくかわいかったです。

 ダークチョコ×8、ミルクチョコ×8のマカデミアナッツ・チョコはお値段は12ドル (税別)。ちょっとお高めなので、義理土産よりも少々気合を入れたお土産をあげたい人用って感じでしょうか??

a0005060_21524261.jpg 最後はピンクパレスこと『The Royal Hawaiian (ロイヤル・ハワイアン)』のバナナブレッド~!

 ロイヤル・ハワイアンの宿泊客に対するウェルカム・アイテムなんですが、宿泊客じゃなくても予約すれば購入可能と知ったので、これはぜひ入手せねば! と予約しにいってきました(笑)。ちなみにお値段は1本8ドル (税別)。
a0005060_2153336.jpg
 予約を受け付けてくれるのはホテルの正面入り口を入ってすぐ、左側にあるRoyal Concierge (ロイヤル・コンシェルジェ)。
 ピックアップの日と欲しい個数、名前を云っておけばOKです。支払いはピックアップのときでいいっていうのが太っ腹!?

 で、いざ引き取りにいったバナナブレッド、茶色の紙袋にラップに包まれただけの状態で手渡されました。すごく有名なお菓子なのに、日本では考えられないくらい無造作な扱いにちょっとびっくり(笑)。
 さっそくホテルで切り分けていただいたバナナブレッド、確かにバナナブレッドなんだけどバナナの風味はほんのり感じられる程度でベタな甘さがなく、しっとりした食感。甘すぎない甘さがめっちゃおいしくて、姉とふたりで一度に半分以上をぺろりと平らげてしまいました!

 箱などには入っていないので、スーツケースなどに入れると形がつぶれちゃう可能性もありますが、このおいしさに変わりはないはず。ぜひぜひお試しください! わたしは根性で日本まで持ち帰りましたが好評でしたよ~。

Honolulu Cookie Company (ホノルル・クッキー・カンパニー)
 現在ホノルルに9店舗あるようです。各店舗の場所や営業時間などはサイトで
 ご確認ください ("Contact Us"というところをクリックすれば出てきます)♪
 サイトはコチラ

Honolulu Chocolate Company (ホノルル・チョコレート・カンパニー)
 住所:Ward Centre1200 Ala Moana Blvd., Honolulu, HI 96814
 TEL:591-2997
 OPEN:月~木 10:00~21:00、金土 10:00~22:00、日 10:00~18:00
 サイトはコチラ

Royal Concierge (ロイヤル・コンシェルジェ
 住所:2259 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815
     (ロイヤル・ハワイアン1階)
 TEL:951-8887
 OPEN:月~金 8:00~20:00、土 ~19:00、日 11:00~18:00
[PR]
by nao_tya | 2007-10-09 21:54 | 雑記&日記

ハワイ旅行記・その7

 ご飯ばかりではなんなので(?)、ハワイで食べたスイーツについてもアップします!
 漢方クリニックで云われたとおり普段甘いものはかなり控えているわたしですが、旅行に行ったときは「ま、いっか♪」とスイーツ解禁状態でいろいろ食べちゃいましたよ、えへへ。

a0005060_1194852.jpg 広大なアラモアナ・ショッピングセンターで散々歩きまくって疲れたので、フードコートで休憩したときに食べたシェイブアイス。要するにカキ氷ですな。
 シェイブアイスってすごくキメが細かいものもあるそうですが、こちらは日本のカキ氷と変わりはない感じ。味もごく普通~。まぁカキ氷でまずいってのもそうそうお目にかからなさそうですが(笑)。レインボーカラーがハワイっぽい??

a0005060_1201586.jpg こちらは昨年の秋、ワイキキに誕生した『ワイキキ・ビーチ・ウォーク』に入っているイタリアン・ジェラートのお店、『Mondo Gelato (モンド・ジェラート)』のジェラート。

 ダブルにしたら、1フレーバーにつき2つジェラートが入っていたという…。しかもジェラートがカップから盛大にはみだしてます~。うーむアメリカン!! お値段はダブル (カップ) で6.23ドル (税込) でした。
a0005060_1205466.jpg
 上側の写真がわたしが食べたラムとダークチョコの組合せで、下が姉チョイスのマンゴーとピスタチオです。

 素材の味はしっかり感じられますが濃厚すぎるほどじゃなく、わりとあっさりめだからこれだけたっぷりあってもおいしく最後までいただきました(笑)。なめらかな舌触りも良かったわ~。フレーバーの種類がとにかく豊富なので、絶対お好みのものがあると思います♪

a0005060_1213457.jpg 滞在3日目はカハラ・モールまで足を伸ばしました。お目当てはもちろん『シナボン』です! これを食べるためだけにバスに乗ってカハラ・モールまで出かけたと云っても過言ではない(笑)。

 実を云いますと、バスだと22番か58番のバスを利用するんですが、本数が多くない系統なので行きも帰りもバス停で30分くらい待ち時間があったんです (The Busのサイトでおおよその時刻表なら手に入るんですが、あまりアテにならないので早めに行って待っていた)。でも、シナボンがおいしかったので全然OKさ~!

 小さいサイズのミニボンってのもあるんですが、せっかくだからということでシナボンを注文して姉と半分こ。お値段は1つ3ドルくらいだったかな。すごく巨大で成人男性の握りこぶしくらいはありましたね~。熱々のシナボンはふわふわ・しっとり。名前のとおりシナモンがよく効いていて、甘ったるいんだけどマジでウマイ! しかし食べるのにはお手拭が必須のスイーツでした(笑)。
 日本に進出したシナボン、ほとんど撤退しちゃったみたいですが同じ味ならまた食べたいわぁ。

Mondo Gelato (モンド・ジェラート)
 住所:226 Lewers St., Suite130, Honolulu, HI 96815
     (ワイキキ・ビーチ・ウォーク1階)
 TEL:926-6961
 OPEN:日~木 8:00-23:00、金・土 8:00-23:30
 サイトはコチラ

Cinnabon (シナボン)
 住所:4211 Waialae Ave., Honolulu, HI
     (カハラ・モール1階)
 TEL:737-6454
 OPEN:月~土 6:30~21:00、日 6:30~18:00
 サイトはコチラ
[PR]
by nao_tya | 2007-10-08 01:22 | 雑記&日記

ハワイ旅行記・その6

a0005060_2122445.jpg
 滞在3日めの夕食はワードセンターにある『Kakaako Kitchen (カカアコ・キッチン)』へ。
 『カカアコ・キッチン』はホノルルのワイアラエ通り (Waialae Ave.) にある有名店『3660 On The Rise (3660オンザライズ)』の姉妹店ですが、ぐぐーんとカジュアルなプレートランチのお店です。庶民的なお値段でおいしい料理がいただけるとってもありがた~い存在です。

 プレートランチにはライスとサラダがついていて、ライスは白米 (white rice) か玄米 (brown rice)、サラダはグリーンサラダかマカロニサラダを選ぶようになっています。わたしは白米とマカロニサラダにしてみました。
 レジで注文してお金を払うとテーブルの上に置いておくナンバープレートを渡してくれるので、好きなテーブルで待っていればお店の人がプレートを運んできてくれます。お店のなかにもテーブル席がありますが、外のテラス席のほうが数が多いし、夕方以降は涼しくなってくるのでテラス席のほうが気持ちいいかな、とテラス席へ移動。

a0005060_21222143.jpg で、こちらが注文した『ミックス・アイランド・バーベキュー・プレート』。
 かなりでっかいビーフとチキンのバーベキューが1枚ずつ入ってて、「どわぁすごいボリューム!」とビックリしていたら、この2枚の下にもう1枚、やっぱりでっかいチキンのバーベキューが隠れていたという…(笑)。

 甘辛くて照り焼き風のバーベキュー・ソースがごっついおいしい! わりと濃い目なんだけど飽きがこない味で、ガッツリいただきました~。付け合せのマカロニサラダも単なるマヨネーズ和えとはひと味違ってメチャウマです。ほかのお店でもマカロニサラダを食べましたが、ここのが一番おいしかった!

 お値段は税金も入れて9.37ドル。味、ボリュームを考えるとめっちゃお得です。小食の女性ならふたりでひとつのプレートをシェアしても十分満足できると思います。なおちゃ姉妹は大食いなのでしっかりひとつのプレートを食べましたが(笑)。
 ワードセンターはアラモアナ・ショッピングセンターから余裕の徒歩圏内ですが、高級ブランドのショップなどが入ってないせいか、比較的人が少なくのんびりした雰囲気なのもいい感じです。入っているお店もおもしろい専門店が多いし、お勧めの場所ですよ~。

Kakaako Kitchen (カカアコ・キッチン)
 住所:Ward Center1200 Ala Moana Blvd., Honolulu, HI 96814
 TEL:596-7488
 OPEN:月~木 7:00~21:00、金・土 ~22:00、日 ~18:00
[PR]
by nao_tya | 2007-10-07 21:31 | 雑記&日記

ハワイ旅行記・その5

a0005060_16342384.jpg
 2日めの夕食は『ブルーウォーター・シュリンプ&シーフード』へ。ノース・ショアで有名なエビ料理のワゴンがワイキキにも進出! ということで食べに行ってきましたですよ。
 クヒオ通り (Kuhio Ave.) とカイオル通り (Kaiolu St.) が交差する駐車場のなかに ↑ の青いワゴンがあります。夜はライトが煌々とついてるし人がいっぱいでにぎわってるしですぐに発見できました。

 テイクアウトしてもいいし、ワゴンの周りにはテーブルセットがたくさん用意されているのでその場で食べてもOK。できたての熱々をいただきたかったわたしたちはその場で!
 ちなみにここも大層な人気店 (ワゴン!?) で、しかも注文をとる人がひとり、お料理する人が3人くらいと小規模所帯なので、時間帯にもよりましょうが、料理にありつくまでにはかなり時間がかかることを覚悟しないとダメだと思います。でも待っただけの甲斐はあって、めちゃくちゃおいしかったです♪ 食べに行く人はがんばって~。

a0005060_16312625.jpg こちらは『ガーリック・シュリンプ』。ソースはマイルドとスパイシーの2種あって、今回はマイルドにしてみました。プレートランチなのでエビのほかにライスとグリーンサラダもセットになってます。大ぶりのエビは10匹も入ってます! ガーリックの匂いが食欲をそそりまくり。

 それでもってこのソースがもうもう、絶品!! なんですよぉ。ぷりんぷりんのエビにソースをたっぷりからめて食べるとたまらんくらいおいし~♪ エビの皮をむく時間がもどかしいくらいでしたわ。姉と半分こしたので5尾食べましたが、もっと食べたかった(笑)。写真のライスの上に写ってるのはパンなんですが、これをソースにひたしてなめるように最後までおいしくいただきましたですよ。

a0005060_16314023.jpg こちらは『シーフードサラダ』。アヒ (マグロ) だけのとミックスがあったので、ミックスでお願いしました。ミックスの中味はアヒ、エビ、ホタテ。野菜もかなりたっぷり入ってて、こちらもウンマ~っ。
 特にふりかけ (のり?) がかけられて磯の香りがするアヒがしっとりやわらかくっておいしい。

 ワゴンでもお水やセブン・アップなどを売ってますが、その場で食べるならABCストアとかで好みの飲み物を買っていってもいいと思います。待ち時間が長いとぬるくなっちゃうかもですが…。
 わたしたちはミネラル・ウォーターもこちらで買って、ふたりで30ドルしなかったと思います (レシートがないのでだいたいの記憶だけど)。街中で無料で配られている情報誌のなかにはここのクーポン券がついているのもあるみたいなので、食べに行かれる方は情報誌は要チェックですよ~。

ブルーウォーター・シュリンプ&シーフード
 場所:クヒオ通り (Kuhio Ave.) とカイオル通り (Kaiolu St.) が交差する駐車場内
 TEL:227-3846
 OPEN:10:00~22:00
[PR]
by nao_tya | 2007-10-07 16:32 | 雑記&日記

ハワイ旅行記・その4

a0005060_17135995.jpg
 滞在2日目の朝食は『Eggs'n Things (エッグスン・シングス)』へ行きました。ハワイのガイドブックにはたいてい掲載されている人気店で、行列必至のお店です!
 お店があるのはワイキキのはしっこのほうで、ホテル (シェラトン・ワイキキ) から徒歩で行けなくもない距離ですが、道がよくわからなかったのでタクシーを利用。チップも込みで7ドルくらいでした。場所がわかったので次回は (っていつなのさ!?) 朝の散歩がてら歩いていってみましょ~。

 店名と住所を書いた紙を見せて「エッグスン・シングスへお願い♪」と云ったのに、タクシーが止まったのはなぜかコンビニの7-11の駐車場。「な、なんで!?」と思っていたら、「この角を曲がったところがお店だよ~」と運転手さん。お店の前の道路は駐車しにくい場所だったみたい。びっくりしたぁ(笑)。

 お店に到着した8時半にはすでに何組も順番待ちの人たちが。しかし入国審査以来行列づいているなおちゃ姉妹、めげずにお店の入り口で名前と人数を告げ、数字が書かれたカードをもらってお店の外で待機です (順番がくるとお店のおばちゃんがナンバーを叫んで知らせてくれるのだ)!
 ちなみにこのカード、ランダムに配られているらしく、先に呼ばれたナンバーからは自分の順番が近いのか遠いのか、まったく判断できなかったという…(笑)。

a0005060_17141034.jpg 結局30分少々待ってお店のなかへ。待ち始めてからすぐにベンチに座ることができたので、さほどその30分も苦痛じゃなかったですな。

 『エッグスン・シングス』へきたらやっぱりパンケーキは頼まないと! ということで、こちらは『ブルーベリーのパンケーキ』。直径15センチくらいのパンケーキがどどんと5枚もお皿に盛られていて、見た目すごい迫力! ブルーベリーのソースがパンケーキにかかっているのを予想していたら、ブルーベリーの実そのものがパンケーキの上にもなかにもゴロゴロ~! ちなみに上に乗っかっているクリーム色の物体はバターです。

 パンケーキはけっこう弾力があるしっとりした食感。でもベタベタしてるわけじゃなく、ふんわり感もあってクセになりますね、コレ。日本のホットケーキと違って生地そのものが甘すぎないので、ひとりで5枚はキツイですが、2枚くらいなら余裕でした。上に乗っかってるバターのほかにテーブルにはメープルシロップやフルーツ系のシロップも用意されており (わたしは多分アレルギーが出そうなのでこれはパス。食べた姉はおいしかったと云ってました)、色々お試ししながら食べられるのも楽しい。

a0005060_17144997.jpg もうひとつ注文したのは『トマトとチーズのオムレツ』。チーズの種類は2種類あって (多分。わたしの聞き間違いでなければ…)、わたしたちはチェダーチーズをチョイス。パンケーキ、ライス、ポテトのいずれかが付きます。

 オムレツはきっと卵3個は使ってるな、という巨大なものでポテトもたっぷり~! オムレツはきめがこまかくてふんわり。でも味は薄味で、なかのチーズやトマトがしっかり味わかるようになってました。おいし~♪ スティックじゃなくサイコロ状のポテトも表面カリッ、なかがしっとり、というわたし好みのフライドポテトでウマイ。でも量がすごい(笑)。

 朝食の時間帯なら常に満席状態の店内は明るくにぎやか。店員さんたちはフレンドリー。コーヒーを注文してたんですが、かなりでっかいマグカップになみなみと注がれているうえ、少しでも減ってるとどんどん足していってくれるサービスぶり(笑)。上記2品とそれぞれドリンクを頼んで、チップも混みで28ドルほど。いや~食った食ったの大満足の朝食でした!

Eggs'n things (エッグスン・シングス)
 住所:1911 B Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815
 TEL:949-0820
 OPEN:23:00~14:00
 サイトはコチラ
[PR]
by nao_tya | 2007-10-05 17:15 | 雑記&日記

ハワイ旅行記・その3

 ハワイ滞在1日めの夕食は『The Cheesecake Factory (チーズケーキ・ファクトリー)』でいただきました。
 アメリカ本土でかなりの店舗数を展開しているチーズケーキ・ファクトリーのハワイ1号店が、ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターの一番ダイヤモンドヘッド寄りにあるのです。

 現在ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターは順次改装中で、センターのなかを突っ切ってお店にたどりつくことはできませんのでご注意を~ (表示に沿って歩いていったら工事現場のど真ん中にブチあたり、先に進めなかったなおちゃ姉妹…)。
 カラカウア通りを進んでいくと、夕方はお店の周りにはとにかく人がわんさか群がっているのですぐわかりますけどね(笑)。

a0005060_1432739.jpg お店にたどりついたのは夕方6時過ぎでしたが、すでに順番待ちの人たちがひしめきあっている状態。相当待たないとご飯にありつけそうにない雰囲気ですが大丈夫! とにかくお店のなかへ進みましょう。
 受付(?)で人数と名前を告げると、←のようなページャー (ポケベル) を渡してくれます。席に案内してもらえるようになると、これがピカピカ光って振動してお知らせしてくれるというわけ。

 あまり遠くまで行ってしまうとお店に戻るまでに時間がかかるしマズイと思いますが、近くのお店を物色したりしてるぶんには問題ないと思います。カラカウア通り沿いには魅力的なお店も多いし、これってなかなかいいシステムですよね~♪
 待つこと (というより辺りをブラブラすること) 30分少々でお店に入ることができました。さすが600席もある大バコ、予想してたより回転が早い!
 
a0005060_14322523.jpg それでもってお料理の味はといいますと、かなりおいしかった! 姉のYちゃんもお気に召した様子でありました。ただいかんせん、すべての料理がアメリカ~ンなボリュームなのだ。

 写真だとわかりにくいですが、→の写真の『シーザーサラダ』なんて、わたしの感覚だと軽く4人分はありそうな勢い。
 でも、味は本当においしいの~。たっぷりかけられたチーズの塩っ気と、ドレッシングの酸味がベストマッチで、野菜もしゃきしゃき!

a0005060_14324097.jpg こちらわたしがオーダーしたもの。確かクリスピーチキンのサンドイッチ (要するにバーガーだ)、だったかと…。
 バンズにまったく収まってない(笑)でっかいチキンはカラッと揚げられていて、スパイシーかつジューシー。マジでバリウマ~ッ!!

 バーガーなのにバンズ2枚の間にこのチキンやトマトなどをはさむと、相当な大口の人じゃないとかじりつくことができません(笑)。ナイフとフォークで切り分けてわっしわっしといただきました♪

 添えられたフライドポテトははんぱな量じゃなく、じゃがいも3つ分くらいはあったんじゃないかしらん。お腹もすいてたしもちろん味は文句なしだしで、かなりがんばって食べたんだけどさすがにポテトまでは完食できず…。
 たいがいのハワイのレストランでは、お願いすれば残った食事はお店が用意してくれた容器に入れてお持ち帰りできますが ("to go"と云えば通じます)、冷めたフライドポテトってさすがに食べられないのであきらめました~。

 わたしがワイングラス、姉がカクテルを1杯ずつ、サラダひとつ、サンドイッチを2つ頼んで、チップも入れて60ドルを切るくらいのお値段。この満腹感と味からするとなかなかいいと思います!
 お店はほどよくカジュアルな感じだし、わたしたちのテーブルの担当のにーちゃんがかなりあっかる~い感じの人で楽しかったのもよかったわ。
 次の機会には (っていつのことやら!?) お店の名前にもなってるチーズケーキも食べたいなぁ。相当すきっ腹でないと苦しそうですが(笑)。

The Cheesecake Factory (チーズケーキ・ファクトリー)
 住所:2301 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815
     (ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンター C館1階)
 TEL:924-5001 (事前の予約は不可のようです)
 OPEN:月~木 11:00~23:30、金土 11:00~24:00、日 10:00~23:30
 サイトはコチラ
[PR]
by nao_tya | 2007-10-04 14:33 | 雑記&日記

ハワイ旅行記・その2

a0005060_1373816.jpg
 さてさて、ようやくNW16便がホノルル空港に到着し、入国手続きをすることになりました。
 9.11テロからアメリカへの渡航に際してはいろいろと厳しくなっているとは聞いていましたが、今回の旅行でそれを実感しました。
 飛行機のなかへ持ち込むことができる液体の容量が制限されていることなんかもそうですが、入国審査のときに指紋 (両手のひとさし指) と顔写真まで撮られるんですよ~! ほとんど寝ていないむくんだ自分の顔が、アメリカのどこぞのデータベースに残ってるのかと思うとちょっぴりイヤンな気持ち…。

 おかげで入国審査に時間がかかること・かかること! のんびり構えて審査の行列の最後に並んでいたわたしたちは、飛行機を降りてから自分たちのスーツケースを手に取るまでに1時間以上もかかってしまったのでした…。
 計画ではホテルのチェックイン時間までチャイナタウンで飲茶を食べて、ダウンタウン付近を観光するはずだったんですが、自由の身となったときには飲茶の時間なんてとっくに過ぎてました(涙)。

a0005060_1338924.jpg しょうがないので空港からホテルへ直行してチェックイン。ホテルでもチェックインの行列ができていてかなり待たされ、わたしはこの時点でかーなーり凹んでおりました (だって飲茶を食べるの、すっごい楽しみにしてたんだもん! およそ半日の予定が狂っちゃったわけだしね~)。

 しかし、用意されたお部屋が部屋指定ナシだったのにすかーん! と海やダイヤモンドヘッドが見渡せる、とても眺めのいいオーシャンビューのお部屋で、かなり気分が上昇しました (←単純な/笑)。

 ツインの部屋でしたが、それぞれダブルベッドで考えていたよりずっと広かったのもうれしかった~♪ 心配していた冷蔵庫もついてたし (ツアーの説明書では冷蔵庫がないということだったので)、お部屋の面ではかなり満足! あと湯沸しポットやコーヒーメーカーも備え付けがありました。アメニティ・グッズに関してはシャンプー、コンディショナー、石けんくらいだったけど、肌に合わないとイヤなので、あまりお部屋においてあるアメニティ・グッズは使わないわたしには無問題。

 なんでもシェラトン・ワイキキはただ今改装しながら営業中だそうで、改装が終わったお部屋には冷蔵庫があるらしいです (ほかの階の部屋を確認したわけではないのですが)。
 わたしたちの滞在中は4階が改装中だったみたいで、一度ボタンの押し間違いでエレベーターが止まったとき、扉がひらくと外はビニールで覆われ、箱から出られないようになってました(笑)。ちなみにわたしたちの部屋は9階でした。

 気分が持ち直してひと休みしたあと、いよいよ観光&グルメに出発♪ 普段はミツユビナマケモノと親戚なわたしですが、この4泊6日の間はよく動きましたよ~。以降の記事は主に旅行中に食べたものを中心にお送りしたいと思います!
[PR]
by nao_tya | 2007-10-03 13:21 | 雑記&日記