映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

〔ストーリー〕
 林業で生計をたてる岸克彦がいつものように山林のなかで伐採をおこなっていると、ひとりの男が撮影中のためしばらく音を止めてくれと頼みにくる。村にゾンビ映画の撮影隊がやってきているのだ。別の日、岸は件の彼とその連れの若い男が車が溝にはまって立ち往生しているところに出くわし、成り行きで彼らを撮影現場まで案内することになるのだが…。


監督:沖田修一
脚本:沖田修一、守屋文雄
出演:役所広司、小栗 旬、高良健吾

 先週末、大学時代の友人とランチして夕方に解散したあと、沖田修一監督の『キツツキと雨』を観にいってきました。この映画の公開があったからでしょうか、先日深夜に沖田監督の『南極料理人』をテレビで放映してましてね。そういや公開時に見逃してたなぁと軽い気持ちで観たらば、いやもうこれが私のツボにぐいぐいはいってきちゃって! 俄然『キツツキと雨』観たい熱が上昇したというわけなのでした。

 で、実際観てみましたらかーなーり楽しかった! 大爆笑というより小さな笑いが絶えずわきおこって、観たあとはほのぼのとあたたかい気持ちになる映画でした。映画づくりの大変さと楽しさ、年代も背景もまったく違う人間の出会いがもたらす変化が周囲にも影響を及ぼしていく様子が、とても細やかに鮮やかに描かれています。なにか大きな事件が起きるわけじゃないけど、ひとつひとつのエピソードがきちんと計算されて配置されてるんだと思う。それらが積み重なっていくことで説得力が出てきて、観てるこちらの心が動かされるんだよね。

 リーダーである監督の幸一がとにかくヘドモドしてて決断力がないもんだから、どうにもまとまりのつかなかった撮影隊が、幸一が変わることによって雰囲気がよくなってくる。岸さんの助力で村のひとたちも巻き込んで、映画づくりへの一体感がでてくる様子がとてもイイです。良くいえばのどか、悪くいえば活気がなくてよどんだような村が、映画撮影という“お祭り”で盛り上がっている様がほほえましかった。村の人間が老いも若いも関係なし、ことごとくゾンビ・メイクしてるあたりなんて、もう笑うしかないです~。

 この撮影隊の熱気にあてられてか、最初は「絶対あたらんやろ、コレ…」という駄作臭を漂わせていた田辺幸一監督の『UTOPIA~ゾンビ大戦争』が、物語の最後になると「低予算のB級映画ながら、ひょっとするとカルトな人気が出るかも!?」という期待を持たせる映画になってたりするのがオカシイ。とはいっても、この映画で泣ける人ってかなり奇特な人のような気はするんですけど。

 冒頭ではわけもわからず映画撮影の手伝いに巻き込まれて憮然としていたのに、周囲の反応に気をよくするきこりの岸さん (役所広司)、初めての監督業にパニック状態で自分を見失ってしまっている幸一 (小栗旬) という主要な登場人物はもちろん、ベテランの助監督、職人カメラマンなどなど脇の人間もみ~んなキャラがたってておもしろい。チーフ助監督役の古舘寛治さんとかいい味出してます。このかた、今まで舞台での活動が主だったみたいですが、映像の世界でももっと観たい役者さんです。

 あと『南極料理人』ほどではないですが、この『キツツキと雨』でも食事のシーンがたくさん出てきます。岸さんがひとり卓袱台にむかう。仕事仲間とお弁当を食べる。岸さんと幸一が並んであるいは向かいあって食事する。岸さんと息子の浩一くんが朝食をとる。同じ食べるという行為のなかに、それぞれ違う意味があってうまい演出だなぁと思わせられました。わたしは岸さんが幸一にジンクス破りをさせるあんみつのシーンが一番好きかな。

 とにかく、丁寧に愛情をもって作られたことが感じられる、ほんわかした映画です。いろんな人に「良かったよ~」とお勧めしたくなっちゃう。というわけで、機会がありましたらぜひぜひ観てください! とネット世界の片隅、僻地ブログから叫んでみるのでした。

●映画『キツツキと雨』の公式サイトはコチラ

 『キツツキと雨 ユートピアを探して
  沖田修一 (角川書店)
   ロケハン隊が撮影のベストスポットを探す映画の前日譚。
   なんと『UTOPIA』のシナリオも収録されているそうな。
   読んでみたいかも~!?
[PR]
by nao_tya | 2012-02-15 23:18 | 映画感想etc.

映画感想:『善き人』

〔ストーリー〕
 ジョン・ハルダーはベルリンで文学を教える平凡な大学教授。ある日総統官邸に呼び出されたハルダーは、彼が数年前に書いた安楽死をあつかった小説をヒトラーが気に入ったことを知らされ、“人道的な死”についての論文を書くよう依頼を受け、引き受けてしまう。また、ユダヤ人の親友がいるために今まで避けてきたナチスへの入党を断りきれなくなってしまうのだった。


原題:GOOD
監督:ヴィンセンテ・アモリン
原作:C・P・テイラー
脚本:ジョン・ラサール
出演:ヴィゴ・モーテンセン、ジェイソン・アイザックス、ジョディ・ウイッテカー

 最近寒い日が続いていて、休日も外出するのがおっくうになっておりました。んがっ。久々にヴィゴが出演映画が公開されるとあっては観にいかないわけにはまいりません! とか云いつつ、公開初日にはいってないんですけど~。観たのはヴィセンテ・アモリン監督の『善き人』。この映画にヴィゴが出演するという情報はもちろん知ってましたが、日本では公開されないかも? DVDが出れば御の字だわ、なんて考えていたので、劇場数は少ないものの、めでたく日本公開となりとってもうれしかったです。

 観た感想はというとですね…。良い映画でした。観たあと心に深くずーんと重いものが残ってます。だがしかし、なんとも救いようがなく、身につまされる映画でもありました。ヴィゴが演じる主人公ジョン・ハルダーは本当にごく普通の人です。すこし痴呆がある母の介護をし、そんな母の世話に疲れて精神的にまいってしまった妻にかわって家事をおこない、子どもたちの世話も焼く善き家庭人。そんな彼が、時代の波にどんどん押し流されて、取り返しのつかないところまでいってしまうのが、非常に痛々しくこわかったです。

 ナチスが依頼してきた“人道的な死”に関する論文執筆を断りきれなかったこと、教え子アンと関係を持ってしまったこと、妻子と別れてアンと再婚したこと、病身の母に実家でひとり暮らしをさせたこと。ひとつひとつの出来事を決めたのはハルダー教授自身です。なぜこんな決断を? と聞かれたら、彼は「ほかに選択肢はなかった」と答えるんじゃないでしょうか。優柔不断で流されやすく気が小さい。でも自分が同じ立場に立ったとき、違う選択ができるかと問われたら「できる」なんてわたしには云えません。だって自分の身がかわいいし、目の前にある幸せだってほしくなるだろうから…。ハルダー教授の弱さはわたしのなかにも確かにあるもので、だからこそこわかったのです。

 ハルダー教授が自分にいろんないいわけをつけて選択したこと・やらなかったことが導いた結果が、映画の最後に突きつけられます。ただ呆然と立ち尽くすしかない彼の姿を、スクリーンの向こう側のわたしも言葉なく見つめることしかできませんでした。ナチス・ドイツ時代の話ではありますが、時代が特殊だからという言い訳は通じないですよね。なにもしないことの罪深さ、心のなかでこっそり批判しているだけでは、自分も結局加害者の一員になってしまうという残酷さは、いつの時代にも当てはまるものだと思います。黙っていることは自分の権利を手放すことだということも考えさせられました。あ~、でもあまりにも救いがなさすぎる…。

 この『善き人』はもともと舞台劇で、日本でも上演されたことがあるんだとか。舞台は時間軸が飛んだりミュージカル部分がはいったりするそうですが、映画ではそこらへんはすっきり整理されていました。もともとはミュージカルだったろう部分はとても印象的なシーンになっています。この、ハルダー教授の幻影・幻聴の音楽のシーンは、もしかすると彼の決心しだいで引き返すことができたターニングポイントなのかな?? 非常に淡々とした静かな描写だからこそ、じわじわとメッセージが伝わってくる映画でございました。

●映画『善き人』の公式サイトはコチラ
[PR]
by nao_tya | 2012-02-06 12:53 | 映画感想etc.