映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

〔ストーリー〕
 中学校へ入学して間もなく、中学へ通うことが苦痛になってしまったまいは、母親の提案でしばらくの間母方の祖母の元で過ごすことになった。イギリス人であるおばあちゃんは、まいに自分の家系には魔女の血が流れているという。自分も魔女になれるかと問うまいに、おばあちゃんは魔女修行を始めるのだが…。


監督:長崎俊一
原作:梨木香歩
脚本:矢沢由美、長崎俊一
出演:サチ・パーカー、高橋真悠、りょう

 『RYU-RYU』さんでランチを食べる前に観ていた映画というのは、長崎俊一監督の『西の魔女が死んだ』でした。友人のT子ちゃんにお勧めされて、原作である梨木香歩さんの小説『西の魔女が死んだ』を読んだのは、もう数年前になると思います。“西の魔女”と聞いて最初に思い浮かんだのは「オズの魔法使い」に登場する悪い魔女だったので、どんなコワイおばあちゃんが登場するのかと思って読み始めたらまったく予想外のお話! そして、最後まで読み終えたときの、哀しくて切ないんだけどそれを包み込むほんのりとあたたかい、ふわふわしたものも残る心地は今でも忘れられません。それ以来梨木さんのファンになって、ほかの著作もいろいろ読んできました。

 そうやって思い入れがある分、映画化されたと知っても原作のイメージが壊されてるんじゃなかろうかと、観にいくのをずいぶん迷ってしまうことに…。6月に封切られてから8月半ばまで公開が続いているので、けっこう評判がいいんだな~と、ようやく重い腰をあげて観にいってきたわけです。

 わたしのなかのイメージでは、おばあちゃん (西の魔女) はターシャ・テューダーさん (アメリカの絵本作家さんで、50代半ばから19世紀ごろのスローライフを送っていらした人。先ごろ92歳でお亡くなりになられました…) に重なってしょうがなかったんですが、演じていたサチ・パーカーさんが本当に素晴らしくて、わたしのイメージを裏切らないおばあちゃんぶり(?)。物語の世界とまったく違和感なくなじんでて、この方をキャスティングしたのはすごい慧眼だと思いましたです。なめらかで、でもやはりどこか日本人とは違う発音の日本語で、一語一語ゆったりと語りかけてくるおばあちゃんのお話は、聞いてる側が思わず耳をかたむけてしまう不思議な力があるみたい。

 緑ゆたかな自然のなかで、ひとつひとつの家事をおろそかにせず楽しんで、毎日を規則正しく丁寧に生きていけば、知らず心身ともに元気を取り戻していく。映画のなかで描かれる“魔女修行”というのはこういうものです。具体的に言葉にするとなんだか気恥ずかしいくらい基本的で当たり前のことですよね。それを改めて大真面目に語られたりすると、くすぐったさが高じてかえって反発したくなったりするものですが、この映画の世界はどこかファンタジックで幻想的なものなので、説教くささがあまり感じられず、おばあちゃんとまいの生活の良さが素直に心のなかに入り込んでくる気がしました。自分をふりかえってみると、まったく実践できてないことばかりで「とほほ…」っていう気分になってしまうんだけども(笑)。

 まいとおばあちゃんの関係に、その存在でひずみをもたらすことになるゲンジさんを演じた木村祐一さんもなかなか良かったです。なにも云わなくとももうそこに立っているだけで胡散臭くて(笑)、まいにとって居心地の良い夢のような世界に乱入してきた異物という感じがよく出てたんじゃないかな~。

 最後のおばあちゃんのメッセージが本当に魔法によるものなのか・そうでないのかは、観る人の受け止め方次第だと思います。わたしとしては多分まいが最初は見落としていただけだと考えちゃうわけですが、たとえそうであったとしてもおばあちゃんのまいに対する愛情の深さがを胸をうって、鼻の奥がツ~ンとするような気持ちになってしまいました (原作でこのシーンを読んだときは本当に泣いてしまった…)。

 映画のエンドロールに流れる手嶌葵さんの歌も映画の雰囲気にぴったりよりそっていて、観たあとにはゆったりとしたやわらかい気持ちになれる映画で、わたしはすごく良かったと思います。疲れたときにもう一度観てみたいな~。

●映画『西の魔女が死んだ』の公式サイトはコチラ

●映画が撮影された清里で、おばあちゃんの家のロケセットが公開中のようです。
 詳しくはコチラへ。

●映画の原作本
西の魔女が死んだ
 梨木香歩 (新潮文庫)
[PR]
by nao_tya | 2008-08-15 12:25 | 映画感想etc.
a0005060_1321218.jpg
 先週末もいつものように映画を観にいってたんですが、観たい映画の上映時間がちょうどお昼時で、映画が終わるとほとんどのお店のランチタイムは過ぎてしまっておりました。でもお腹は空いたし、どうしよ~? と考えたときに思い浮かんだのがスパゲティの専門店『RYU-RYU (リュリュ)』さん。三宮には2店舗あるんですが、今回はサンプラザのほうへいってきました。

 すでに2時半になろうとしていたのにお店はほぼ満席。運よく空いていたテーブル席へ案内してもらってメニューとにらめっこ。ここはメニューの数が本当に多いので、いつも迷っちゃうんですよね~。結局「茶美豚のソーセージとほうれん草のクリームソース」のスパゲティに決定。かなりお腹が空いていたので、あっさり和風よりこってりクリームソースに気持ちが傾いてしまいました(笑)。

a0005060_1322533.jpg お値段は単品だと950円。サラダとドリンクのセットにしたのでプラス400円でございました。
 熱々のパスタはしこしこでおいし~♪ 茶美豚のソーセージも皮の部分がぷちぷちっとしててうまうま。ボリュームもあるのでとっても満足いたしました!
 ただ混んでいるからか、食べ終えたと見てとると店員さんがさっさとお皿を下げてしまうので、せわしないっちゃあせわしないです。三宮の中心部なのでしょうがないのかな。さくっと食べて次の予定へ移動したいときや、勤務中のランチなどに利用するのにはおいしいし便利な場所にあるのでお勧めでございます~。

RYU-RYU (リュリュ)』 (三宮サンプラザ店)
 住所:神戸市中央区三宮町1-8-1 サンプラザビル 地下1階
 TEL:078-392-2576
 OPEN:11:00~21:30 (L.O. 21:00)
 サイトはコチラ
 前回のランチ (JR本山店) の記事はコチラ
[PR]
by nao_tya | 2008-08-13 13:01 | 食べものたち
〔ストーリー〕
 ジム・ゴードン警部補と地方検事ハービー・デントの協力を得て、バットマンはゴッサムシティのマフィアたちの資金源を断っていく。追い詰められたマフィアたちに正体不明の男ジョーカーがバットマンの殺害を提案。犯罪を純粋に楽しむジョーカーはゴッサムシティを混乱のなかに陥れていく。


原題:THE DARK KNIGHT
監督:クリストファー・ノーラン
原案:クリストファー・ノーラン、デヴィッド・S・ゴイヤー
脚本:ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー

 先週末はクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』の先行上映にいってきました~♪ 『バットマン ビギンズ』が文句なくおもしろかったし、先に公開されたアメリカでの評判もすこぶるいいしで、非常に楽しみにしておりました。実際観てみたら、とにかく密度の濃い、重厚な映画で、152分の間ひたすら圧倒されっぱなし。いや~スゴかった。

 予告を観てると主役のはずのバットマンがほとんど姿を見せず、ひたすらヒース・レジャー扮するジョーカー、ジョーカー、ジョーカーだったもんで、「ヒースが亡くなったからとはいえ、そんなにジョーカーばっかりフューチャーするってどーなの?」と思っていましたが、いざ本編を観てみたら納得。ジョーカーの狂気という言葉でも薄っぺらいような、突き抜けた存在感がすさまじかった…! 映画を観てから数日たった今でも、ジョーカーのあの「ヒャ~ハハハッ!」という甲高い笑いが耳に残ってる感じですよ。

 しかしだからといって、他のキャストがジョーカーの影にかすんでしまうわけでもなくて、誰が欠けてもこの映画の高い完成度はあり得なかったと思います。ホワイトナイトたるデントが善を体現しているからこそ、それをあざ笑うかのように無軌道な犯罪を繰り返すジョーカーの悪が際立つわけだし、バットマンの行為は善ではあるけれど、そのやり方は決して法に則ったものではなく、なにかの拍子に悪へと傾きかけない危うさがあることを、ジョーカーは無造作にさらけ出してみせます。

 そして、ジョーカーの非道と暴力に翻弄されたデントは復讐にとりつかれ、バットマンさえもが逡巡を見せるなか、もうどうしようもない絶望のギリギリ一歩手前で、ごく普通の人たちはもちろん、犯罪者のなかにだってある善を見せてくれるあたりがもうもう~! あまりにも鮮やかで、フェリーでのシーンは震えがくるような気持ちになってしまいました。

 アクションシーンは思ったよりも多くなかったですが、その少ないアクションシーンはことごとく迫力があってカッコよかったです~。バットポッドがバットモービルから分離して疾走していくところとか、思わず固く握りこぶしをにぎっちゃいましたわ。前作よりもまた一段とリアルさを増した (もうほとんどニューヨークと云ってもいいくらい) ゴッサムシティの様子もダークで映画の雰囲気にぴったり。

 152分はちょっと長い上映時間ですが、バットマン (ブルース)、デント、レイチェルという主要なキャラクターのそれぞれの物語がしっかり描かれているのでとにかく見ごたえあり。それにジョーカーの立ち回りがかなりクレバーで先の予想がつかず、展開を追うのに必死になってて(笑)、全く退屈しませんでした。追い詰めたと思ったらするりとそこから抜け出し、あっという間に追う立場の人間が窮地に立たされていくのがすごくスリリングでした。

 冒頭の銀行強盗のシーンではウィリアム・フィクトナー (『プリズン・ブレイク』のマホーン捜査官役) がちょっとカッコいい役で登場したし、スケアクロウ役でちょろっとキリアン・マーフィが顔を出したのもうれしかったです。

 今回あえて汚名をかぶったバットマンに、(あるとしたら) 次作はどんな展開が待っているのでしょうか。ジョーカーという存在は捕らえることができても、正義があるからこそそれを敢えて打ち破ろうとする悪はなくならないということを描き出してしまったわけで、明るさは求めようがないところにきちゃってる気がするな~。とことんクリストファー・ノーランはブルースを追い詰めていくようで、ちょっとこわいくらいです。

●映画『ダークナイト』の公式サイトはコチラ
[PR]
by nao_tya | 2008-08-06 14:10 | 映画感想etc.
〔ストーリー〕
 いつもと変わらぬ朝を迎えたニューヨークのセントラルパークで異変が始まった。園内の人間が突然動きを止め、やがて次々と自ら命を絶ってしまったのだった。異変は園の外でも起こり始めるが原因はわからない。フィラデルフィアで科学の高校教師をしているエリオットは生徒たちを帰宅させ、同僚のジュリアンの誘いを受けて彼の母親が住む安全と思われる場所へ避難することにした。妻のアルマとともに駅で娘を連れたジュリアンと合流したエリオットは電車で目的地へ向かうのだが…。


原題:THE HAPPENING
監督:M・ナイト・シャマラン
脚本:M・ナイト・シャマラン
出演:マーク・ウォルバーグ、ズーイー・デシャネル、ジョン・レグイザモ

 乳腺科の細胞診の結果を聞きにいく前に、時間が中途半端にあったので映画を観にいってました。観たのはM・ナイト・シャマラン監督の『ハプニング』。どうもこの監督の映画は、『シックス・センス』の印象があんまりにも鮮やかすぎて、以降の作品 (全部観てるわけじゃないんですが) の感想がイマイチになってしまいがちです。

 今回の『ハプニング』は、前に観た『ヴィレッジ』よりはおもしろくて、『シックス・センス』よりはぐっと下って感じだったかな~。シャマラン監督の映画は“どんでん返し”を警戒しながら観てしまうんですが、『ハプニング』はずいぶんストレートな展開の物語でした。異変が起こりはじめてからしばらくの間、人がバタバタ死んでいく様子はとにかく強烈なインパクト! さっきまで普段と変わりない時間が流れていたはずなのに、なにがきっかけなのか不明のまま、いきなり周囲で人が無造作に大量に死んでいく様を淡々と描いていて、すごい恐怖感をあおられました。

 ただ、この恐怖感や緊張感は映画の最後までは続かず、“多分こうであろう”という原因を主人公のエリオットが推測してしまうと、以降はなんとなく尻つぼみになってしまった印象はありましたな。そのかわり、ちょっと偏屈で不気味なおばあさんが登場して、違うスリルを味わうことはできたんですが…。

 あと、原因 (らしきもの) がわかってもひとりの人間には解決しようもないことなので、エリオットたちはひたすら安全な場所を求めて逃げるだけ。別にそのこと自体がおかしいわけじゃないんですが、エリオットを演じてるマーク・ウォルバーグがそもそもタフガイのイメージがある役者さんだということもあって、もう少し違う展開 (なんらかの形で戦って防御する方法を見つけるとか) を期待してしまったんですよね~。それにエリオットの妻であるアルマが「彼は決してあきらめない人なの」と云っていたわりに、↑の偏屈なおばあさんの家でエリオットがとった行動はどーなんだ、と思わないでもない。

 しかしまぁ人間が地球や自然に与えつづけてきたダメージの反動が、密やかにわたしたちの背後に迫っているのかもしれない、終末はすぐそこまできているのかもしれないという警告や、追い詰められた状況のなかでの夫婦とか家族の愛情なんかは伝わってきました。ただ、全体的に出した問題に解答を与える気は最初からないんだろうな~という、どうも投げ出されたような中途半端な印象があって、消化不良な気分のまま映画が終わっちゃった感じでした。別に退屈したわけでもつまらかったわけでもないのに、なんなんだ、この納得できない感は~(笑)。

●映画『ハプニング』の公式サイトはコチラ
[PR]
by nao_tya | 2008-08-04 22:56 | 映画感想etc.
a0005060_11115841.jpg
 乳腺科の検診で異常がなかったので、これはお祝いせねば♪ と (←ウソ。単なる口実/笑)、『パティスリー カッサレード』さんでケーキを買って帰りました。
 定番の「スクエアチーズケーキ」(380円) は絶対食べたかったので、母の分もあわせてふたつ購入~。一番下はさっくりしたくるみのクッキー生地、そのうえにまったりと濃厚なクリームチーズ、一番上はローストした香ばしいくるみがたくさん乗っかっています。小ぶりなケーキなんだけど、とっても濃いので食べ終えるとすごい満足感!

a0005060_1112662.jpg 続きましてはチョコ好きとしてはやはり外せないのが[チョコタルト」。しっとりしててコクのあるチョコレートは濃厚で甘すぎず、口のなかでじゅわ~っと溶けていく感じ。タルト生地もさっくりしてておいしいです。

a0005060_11121517.jpg そしてもうひとつチョコ系で「チョコレートとバナナのムース」。もちっとしたクレープ生地のなかにはしっとり・ふわふわのチョコとバナナのムースがたっぷり入ってます。チョコの味もバナナの味もしっかりするけど、ムースがふわふわで後口はさっぱり。これもなかなかおいしかった~。

 ムースとタルトのお値段は400円と450円だったんだけど、どっちがどっちだったかハッキリしません…。と、トリ頭で申し訳なく…。
 カッサレードさんのケーキは、どっちかというと見た目は華やかじゃなくて地味めというか素朴な感じ。フルーツを使ったケーキはそのフルーツの味がしっかり感じられるようにあっさりしてるものが多いと思います。でもそこがわたしは好きなんですよね~。あっさり系と合わせて濃厚系「スクエアチーズケーキ」もいただくとカンペキ♪ って感じです(笑)。

 今回は買わなかったのですが、チョコが好きな人なら「レアショコラ」もかなりお勧めのひと品。「スクエアチーズケーキ」、「レアショコラ」とも、「神戸パティスリーネット」さんでお取り寄せできます。興味のある方はぜひどうぞ~。

パティスリー カッサレード
 住所:神戸市東灘区住吉宮町7-2-10 OCビル1階
 TEL:078-821-3553
 OPEN:10:30~20:00
 定休日:木曜日
[PR]
by nao_tya | 2008-08-01 12:58 | 食べものたち