映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 よくこのブログにコメントという名前のツッコミを残してくれるうーまるさんから福井の名産 (珍味?) を送っていただきましたですよ♪ うーちゃん、どうもありがと~!! 心からのさんくすとらぶをvv

 ラインナップはといいますと、
    ●花らっきょう
    ●はまなみそ
    ●鯖のへしこ
 の三品でございます。
 さっそく夕ご飯のお供として「花らっきょう」と「はまなみそ」が食卓に登場し、わたくしめの胃袋に収まりました(笑)。

福井の名産「花らっきょう」 右の写真は花らっきょうでーす。
 どうでもいいことですが、わたしが発音すると語尾の“う”が抜け落ちてどうやら「らっきょ」と聞こえるらしいっす。

 わが家ではその昔、まだ母が家事に熱心だったころ(笑)、よくらっきょうを大量に漬けていたのでお馴染みの漬物なんですが、やっぱりちゃんと商品として売られてるようなものは違う! この飴色のらっきょうちゃん、ピッカピカのツヤツヤで見るからにおいしそうなんだもん。どうも写真がうまく撮れず、光が反射してキレイに写らなかったのが悔しいわ。

 お口に入れると甘酢がすっきり・さっぱりしてて、カリカリした歯ごたえもたまら~ん。これがあるだけでどんどこご飯がすすんでしまいます。
 ところで、カレーライスの付け合せって福神漬け派ですか、らっきょう派ですか? わたしは断然らっきょう派です(笑)。

福井の名産「はまなみそ」 続きましてははまなみそ。こうじを発酵させたもろみにお茄子、しその実、白ゴマなどが混ぜ合わされています。“おかず味噌”って云うんだって。
 お味噌の入っていた容器のフタを開けると、ふわわ~んと発酵したこうじの良い香りがしました。
 「はまなみそ」なんてうーちゃんにこうして送ってもらうまでその存在も知らず、もちろん食べたこともありませんでしたが、この香りに期待がいや増します~。

 ほかほかの炊きたてご飯にのっけていただいてみると、甘辛い濃いめのお味噌がご飯にめっちゃ合います。オイシイ。うーちゃん、これマジでオイシイよ!  
 あたたかいご飯にピッタリでしたが、これってお茶漬けにして食べてもうまいかも。今度試してみます。ひょひょひょ♪

 てなわけで、3品中2品を届いた日に食させていただきました。どちらもとってもおいしくて、ご飯をおかわりしちゃいましたわ。うーちゃん、本当にありがとうございました!
 こうなると3品目のけっこうクセがあるという「鯖のへしこ」がかなり楽しみだなぁ。今のところ福井の方々の味覚とわたしの味覚はよく似ているような気がするんですが、どうかな!? 「鯖のへしこ」は週末に食べる予定なので、感想はまた改めてアップさせてもらいまーす♪
[PR]
by nao_tya | 2006-11-30 14:24 | 食べものたち

UAE後、第1回目の検診

 さてさて、本日は昨日受けてきたUAE後はじめての検診の報告です。読んでみようかというかたは、「UAE後、第1回目の検診」をクリックして先へお進みくださーい。
 あと、検索キーワードを見てみると「子宮筋腫」でこのブログを覗いてくださる方がチラホラいらっしゃるようなので、「子宮筋腫とUAE」というカテゴリを作って、そちらに記事を集めることにいたしました。

UAE後、第1回目の検診
[PR]
by nao_tya | 2006-11-28 23:10 | 子宮筋腫とUAE+ヘルス
 今日はお休みをいただいて、術後初めての検診へ出かけてきました。その話はまた別に記事をアップすることにして、今回はまたしてもケーキの紹介でーす♪

 病院からの帰り道、元町の大丸百貨店に立ち寄って親戚にいただいたお見舞いの快気祝いの発送手続きをしてきました。三宮そごうと元町大丸、どっちでもよかったんですが、久しぶりに南京町 (←神戸では中華街のことをこう呼びます) を覗いてみたくなったので大丸に決めたんですね。

 で、大丸の道をはさんでお隣の南京町に行ってみたら、平日ということもあるけどなんだか人が少ない…。そう、南京町は月曜日がお休みのお店が多いんです。久しぶりだったものでそんなことはすっかり忘れていたわたし。なんとお目当ての『エストローヤル』も定休日でした。ガガーン、大ショック~!!

 豚まんで有名な『老祥』に向かうもそちらもお休み。ことごとくフラれっぱなしです、トホホ。元町商店街のなかにある『老祥』のほうが実は好きなので、そっちに行こうかとも思ったんですが、少々疲れてきてて歩くのも面倒になってたんですよね (老祥紀は元町商店街のかなり西よりにある)。そんなときにフ、と元町ケーキのことを思い出し、大丸にとって返して定番中の定番、ざくろを買って帰りました♪

 『元町ケーキ』も『老祥紀』と同じように元町商店街のなかに本店があるんですが、大丸百貨店にも出店しています。ただ大丸店には「ざくろ」とロールケーキくらいしか置いてないのでご注意を。ショーケースのなかにずらずらーっと「ざくろ」しか並んでいないのは、ある意味圧巻ですが(笑)。
『元町ケーキ』の「ざくろ」
 『元町ケーキ』は1946年創業という老舗中の老舗のお店。ここのケーキは添加物やお酒が一切使われていないので、小さなお子さんでも安心して食べることができます。“ママのえらんだ元町ケーキ”というキャッチフレーズに偽りなし!

 「ざくろ」という名前はこのケーキの見た感じが柘榴の実がはじけた様子に似てるのでつけられたんじゃないかなぁと思うんですが、真相は知りません(笑)。
 卵黄のみが使われたフワッフワのスポンジ、甘いけれどあっさりした生クリーム、大粒のイチゴという究極にシンプルなケーキですが、シンプルだからこそそれぞれの味が引き立ちます。スポンジと生クリームの相性が抜群で、ふたつのやさしい甘さにイチゴの酸味がなんともいえずウマ~イ!

 イチオシはもちろん看板商品の「ざくろ」ですが、そのほかのケーキもかわいくってなかなかおいしいです。生ケーキは全商品250円 (税込) という脅威のお値段もお財布にやさしいし(笑)。食べるとほっこり幸せな気分になれるケーキばかりの「元町ケーキ」は大好きなお店なのでした。本店ではイートインもできますので (ドリンクはセルフサービス)、元町界隈にこられたらぜひどうぞ♪

元町ケーキ
 住所:神戸中央区元町通5-5-1
 TEL:078-341-6983
 FAX:078-341-8178
 OPEN:8:00~19:00 (生ケーキは売切れ次第終了)
 定休日:毎水曜日
[PR]
by nao_tya | 2006-11-27 23:11 | 食べものたち

京極夏彦 『邪魅の雫』

 昨日はブログを更新しようかな~と思いながら、入院中からちまちま読み進めていた京極夏彦氏の『邪魅の雫』をもう少しで読み終えそうだったので、そちらを優先させてしまいました。これでようやく読了です~。
 おかげさまで通勤にこの新書とは思えぬほどぶっとい本を持ち歩かなくてもよくなりますわ。座って読むぶんにはかまわないんだけどさ、つり革につかまりながら読んでると、ページを片手で開いた状態にホールドしてるのって疲れるんだよな、この本(笑)。

 京極夏彦さんの「妖怪」シリーズは、各話で事件が起こり様々な登場人物が出てくるんですが、そこで出てきた人たちがまた次の作品にも顔を出すことがよくあるわけですね。これがシリーズ8作めともなると、わたしのような鳥頭の人間には「○○さん…? えーと、どこでお目にかかりましたっけ??」という状態になってしまう。簡単に記された“××事件の関係者”という説明も、どの事件の概要もうすぼんやりしか覚えていない鳥頭にとってはないのも同じになっちゃって。ここのところ、このシリーズを読むたびに事件と人間関係を整理した関係図がほしいよぅと切実に思ってしまいます。

 今回の事件は次から次へと人が殺されていって、その殺人にはとあるモノが共通しているために連続殺人事件とみなされるものの、その“とあるモノ”以外の共通点、連続性が見えてこない。ただ、読んでいくうちに、各事件はかぶっているものがあっても、それぞれ別の独立した事件なんだっていうことは見えてきて、なんとなく話全体のトリック (という云い方は正確ではないかもしれませんが) は把握できたように思います。うっすらと事件の落ち着き先がわかるのは、前作の『陰摩羅鬼の瑕』と同じような感じ。
 そうやって見えてしまった分、京極堂の登場でからまりあっていた事件全体が解体され、ほぐされていくカタルシスは少なめだった気がします。やっぱり一番最初に読んだ『姑獲鳥の夏』の衝撃度を再現するのはなかなか難しいですね~。

 あと、“昔話”と“伝説”と“歴史”の違いなどはふんふんと頷きながら読めてとてもおもしろかったです。京極堂の登場シーンが少ないのに比例して今回は薀蓄も少なくて、いつものように情報量に圧倒されることがなかったため、頭に入ってきやすかったのかもしれません(笑)。しかしこうなると妖怪との関連づけもあっさりしていて、読みやすいけど物足りなさを感じてしまうのは如何ともしがたいですな。

 みっちりとした議論という意味では薄めの話でしたが、かわりにキャラクターの掘り下げがしっかりされたという印象もあります。榎木津さんはいつものキレはなかったけど人間的な部分が、益田くんの軽薄でお調子者の部分に隠された側面などが描かれて親しみが増したし、なにより青木文蔵くんがすごい成長ぶりをみせて男前度が急上昇してましたよ! 人に勝手な仇名をつけまくる榎木津さんに、ちゃんと名前で呼んでもらえるというのはなかなか画期的なことですもんね。そうそう、今回は関口さんがかなりマトモでしっかりしてたのも驚きです。榎木津さんを心配する関口さんの姿を読む日がこようとは…っ。

 そして、人間味が増した榎木津さんだからこそ、物哀しい、切ないエピローグが心に残る場面になった気がします。
 法律では裁かれなかったけれど「罰を受けた」“彼女”が今後どうするのかが非常に気になるなぁ。『塗仏の宴』であっさり殺されてしまった織作茜嬢のような再登場の仕方はしないことを祈りますです。

 ところでこの『邪魅の雫』、事件が起こったことになってる大磯・平塚では「地域限定特装版」なるものがあるんですね。重版分はAmazonでも買えるみたいで地域限定版っぽさがなくなってる気がしますが、初版分がほしいかたはやっぱり大磯や平塚まで足を伸ばされたんでしょうか。
[PR]
by nao_tya | 2006-11-26 12:52 | 読書感想etc.
 入院中に『逆転裁判2』 (カプコン) を自力でクリアいたしました♪ 手術日はDS Liteをまったく触らず、退院日にはクリアしていたので、正味5日間かかった計算になりますな。これが早いか遅いかはわからないんですが、前の『逆転裁判 蘇る逆転』は確か2週間くらいかかってたと思うので、いかにわたしが入院生活でヒマをもてあましていたかわかろうというもの(笑)。

 『逆転裁判2』は、

   第1話 失われた逆転
   第2話 再会、そして逆転
   第3話 逆転サーカス
   第4話 さらば、逆転

 の全4話。前作の『逆転裁判 蘇る逆転』はGBA版にはなかった最終話が収録されてたんですが、『逆転裁判2』はGBA版とまったく同じ内容だったみたいですね。追加された話ではDSならではの、タッチスクリーンを使って画面に息を吹きかけるシーンなんかもあって、けっこうおもしろかったのにな。ちぇ~っ!

 『逆転裁判2』では、関係者が触れられたくないと思っていることを喋ってもらうのに、「サイコロック」なるものを破らないとならないという新機能が追加されてて、これがけっこう面倒くさかったです。解除に何度も失敗するとメータが半分のまま法廷パートに突入してしまい、ちょっと尋問に失敗しただけであっという間に有罪判決がくだっちゃう(笑)。

 てこずりつつも一番おもしろかったのは、やはり第4話「さらば、逆転」です。今までの話では被告人はすべて無罪というのが大前提で、主人公の弁護士ナルホドくんは彼らの無実を証明するために奔走してたわけです。
 ところが、この「さらば、逆転」ではその“被告人は無実”という前提が初めて揺らいでしまう。そのうえナルホドくんの大事な人間に危険が迫るなかで、事件の真相を探っていかなくてはならないということで、なかなかハラハラ・ドキドキの展開でありました。

 裁判長やイトノコ刑事、『逆転裁判』の関係者で再登場する人なんかは相変わらずで、彼らの言動も楽しかったです。新キャラのなかでは狩魔 冥 (カルマ・メイ) ちゃんがやっぱり印象深いかな。13歳で検事って、いくらアメリカでも無理がありすぎる設定だとは思いますが(笑)。彼女の最後の泣き顔は子どもっぽくてかわいかったですね~。

 そしてそして、第1話から第3話まではその消息がなんともあいまいで、話の端々に名前だけは出てきて「いったい彼はどうなったの!?」と散々気をもたせてくれたナルホドくんの良きライヴァル、御剣検事。彼の再登場はやっぱり嬉しかった(笑)。
 ナルホドくんと御剣検事のふたりが暗黙の了解で協力しあい、法廷で真犯人を追い詰めていく様子は「やぱり逆転裁判はこうでなくっちゃ!」という感じで、ゲームを進めながら非常に楽しかったです。

 しかし、こうなると早く『逆転裁判3』もやってみたいと思っちゃうんですが、まだGBA版しか出てないんですよね~。『逆転裁判4』は来年春に発売らしいので、それまでには出るとは思うんだけど。公式サイトによると『逆転裁判4』は色々意外な展開になってるみたいで期待も大きいですが、その前に『3』をプレイしたいよ~。できることならわたしのゲーム熱が醒めないうちに発売してほしいものです(笑)。

●『逆転裁判』シリーズ公式サイト
[PR]
by nao_tya | 2006-11-22 16:44 | 雑記&日記
 退院時の予定どおり、今日から仕事に復帰いたしました!
 シフトの関係で10時出勤だったためラッシュのピークも過ぎ去って、行きの電車は余裕で座れたし、帰りは目の前に座ってた人が途中駅で下車してくれたのがラッキーでした(笑)。まぁ大丈夫だろうとは思っていましたが、たまに「お腹ちょっとイタイかも…」と感じるときがあったぐらいで、実際にフルタイムで働いても支障がなかったのでひと安心です♪

 で、何事もなく仕事が終えられて、なおかつ余裕がありそうなときはやろうと思っていたことがひとつ。
 それは「ケーキを買って買えること」。
 いや~、入院中の食事は思っていたより全然おいしかったんですが、デザート系はどうしてもフルーツとかせいぜいゼリー、ヨーグルトくらいに限られてたので、どうしてもスイーツ、それもケーキが食べたかったのだ~!

 てなわけで、ちょこっとだけ寄り道してアンリ・シャルパンティエのケーキを買って帰りました。アンリのケーキを買うのは久しぶりだったし、母の分とふたつしか買わなかったのでショーケースの前でずいぶん悩んでしまいましたわ。

『アンリ・シャルパンティエ』の「ミル・モカ」 まずはわたしが食べたミル・モカ。コーヒー味のミルフィーユです。軽めのコーヒー味の生クリームとほろ苦系のコーヒークリームがパイ生地をでサンドイッチ状態になってて、ふたつのクリームがお口のなかで溶け合ってウマウマ~!
 ただひとつの難点は、テイクアウトするとどうしてもパイ生地が水分を吸収してしっとりしてしまうことですかね。時間が経てば経つほどサクサク感がなくなってしまうので、早めに食べるのが肝要だと思います。

『アンリ・シャルパンティエ』の「マロンのカスタード・パイ」 もうひとつは母が食べたマロンのカスタード・パイ。マロンピューレ、カスタードクリーム、スポンジがパイ生地に包まれています。てっぺんに乗っかっているのは栗の渋皮煮。ミルフィーユよりパイ生地のサクサク感が残っていたみたいです。食べた母曰く、「シュークリームみたいでおいしいわ~」ということでした。…どんな感想だ(笑)。

 そうそう、お店でケーキを箱に詰めてもらっている間、置いてあるパンフをパラパラ見ていたら「どうぞお持ちください♪」と店員さんが袋に入れてくれました。これがまたおいしそうなクリスマスケーキのパンフなんだな~! 予約したい誘惑にかられながら、「でも母とふたりで丸ケーキ1個ってどう考えてもキツイよなぁ」なんて考えたんですが、それよりなによりクリスマスがきたらあっという間に年末だということに思い当たり、ちょっと青ざめてしまいました。こ、今年もなにひとつ「これをやり遂げた!」と云えることがないままに1年が終わろうとしておりますよ…。

●『アンリ・シャルパンティエ』のサイト
[PR]
by nao_tya | 2006-11-20 23:43 | 食べものたち
 手術後から退院して2日目までです。これでようやく終わり!
 読んでみようというかたは、「術後 (入院2日目~退院後2日目)」をポチッとしてくださいまし。

術後 (入院2日目~退院後2日目)
[PR]
by nao_tya | 2006-11-18 22:00 | 子宮筋腫とUAE+ヘルス

入院初日から手術まで

 えー、昨日の記事の続きです。なんかずいぶん長くなってしまった…。簡潔にまとめられなくてすんませんです。
 興味のあるかたは下の「入院初日~手術まで」をクリックしてくださいまし。

入院初日~手術まで
[PR]
by nao_tya | 2006-11-17 17:26 | 子宮筋腫とUAE+ヘルス

帰ってきました~!

 予定どおりに1週間で戻ってきましたので、トラックバック不可を解除いたしましたです。TBをつけてやろうかという奇特な方がいらしたら、よろしくお願いしまーす。

 さて、1週間の不在はなんのためだったかと申しますと、実は生まれて初めての入院をしておりました!
 以前にこのブログでも「婦人科検診を受けようかな~」なんて呟いていたことがありまして、いつまでもグズグズ悩んでいるようなことでもなし、あれからすぐに職場近くの婦人科クリニックで予約をとって検診を受けてみたんですね。
 したらば、そこの先生に速攻で「あなた、かなり大きな筋腫があるわよ! すぐに画像が撮れる病院へ行きなさい!!」と云われてしまいまして…。

 それから一番最初の婦人科クリニック → A総合病院 → 大学病院 →B総合病院、とプチ病院ジプシーをしまして、今回UAE (Uterine Artery Embolization、子宮動脈塞栓術) というカテーテルによる手術を受けてきたのでした。
 UAEというのは、子宮筋腫に栄養を供給している子宮動脈に、カテーテルをとおして細かく切ったゼラチンスポンジをつめて血流を一時的に止めてしまって、筋腫を兵糧攻めする治療法です。術後の経過はとっても順調で、念のために今週一杯仕事もお休みをいただいてますが、本人いたって元気ですので心配などはご無用ですよん!

 で、以下の記述は子宮筋腫やUAEについてなので、興味のないかたやこういう病気関係のことは目にしたくないかたもいらっしゃるだろうから「more」機能を使わせていただきます。読んでみうようかな、という方だけ下の「子宮筋腫発覚から手術決定まで」をクリックして先に進んでくださいまし。

子宮筋腫発覚から手術決定まで
[PR]
by nao_tya | 2006-11-16 12:46 | 子宮筋腫とUAE+ヘルス
 明日 (11月9日) より1週間の予定で留守にいたします~。
 今までもそんなにコマメに更新していたわけでもなかったんですが、今回は携帯以外のネット環境がまったくない状態になるので、コメントをいただいてもお返事できない可能性大でございます。もちろん帰ってきたらいただいたコメントがあればちゃんとレスを入れさせていただきます♪

 あと、スパムTBにも対応できないので、帰ってくるまでTBも全面的に不可にしていきます。これもまた帰ってきたら解除いたします。まぁ普段からそんなにTBつかないから大丈夫でしょうけど、念のため。

 それでは来週までアディオ~ス!!
[PR]
by nao_tya | 2006-11-09 00:04 | 雑記&日記