映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画感想:『ブラッディ・バレンタイン 3D』

〔ストーリー〕
 アメリカの小さな炭鉱の町ハーモニーでは、炭鉱主の息子で新米鉱夫のトムのミスで事故が発生。6人の人間が炭鉱に閉じ込められてしまい、うちハリーだけはなんとか救出されるが、意識不明の状態になってしまった。1年後に突然目覚めたハリーは、ツルハシを手に22人の住民を殺害した後に死亡する。事故から10年後、亡くなった父の鉱山を売却するためハーモニーに戻ってきたトムだが…。


原題:MY BLOODY VALENTINE 3-D
監督:パトリック・ルシエ
脚本:トッド・ファーマー、ゼイン・スミス
オリジナル脚本:ジョン・ベアード
出演:ジェンセン・アクレス、ジェイミー・キング、カー・スミス

 基本的にホラー映画は苦手なんですが、なぜか2月は2本もホラー映画を劇場で観ることに…。理由は単純明快。最近ハマっている海外ドラマ『スーパーナチュラル』の主演2人組が、それぞれホラー映画のリメイクに主演していて、それらがほぼ同時期に公開されたから~。ジャレッドとジェンセン、このふたりに注目するようになってから、初めてスクリーンで観ることのできる映画がなんだってホラーなんだよぅ! と嘆きながらも、公開されてすぐに劇場に足を運んでしまう。それがファン心理ってものなんですよね…(笑)。

 最初に観たのはパトリック・ルシエ監督、ジェンセン・アクレス主演の『ブラッディ・バレンタイン 3D』。タイトルにあるとおり、3Dの映画でございました。ちゃんとした3D映画を観るのは初めてだったんですが (TDLやUSJでなら観たことがある/笑)、普段裸眼で過ごしている人間にはあの3Dメガネ、非常に違和感があって長時間の鑑賞はチトしんどかったわ~。“誰にでも合う”画一的なサイズって、結局“誰にも微妙に合わない”ってことなんですな。

 それでもってこの『ブラッディ・バレンタイン3D』の感想なんですが、3D映画であるという特性を活かしきっているかというとちょっと疑問符がつく感じでした。確かに凶器とかぶった切られた物体がひゅんって感じで自分の目の前にくる感じとか「うおっ!?」って思うシーンもあったし、人間が画面奥から手前に移動してくるときの、こちらに迫ってくる様子とか、奥行きのある画面はおもしろかったんですけど、これはどうしても3Dでないと表現できなかったよなぁ! という類の驚きは全体的になかったように思うのです。

 むしろ、3Dであることを強調したいがために、殺戮シーンがやたらと先のとんがったツルハシを使ったものばかりになってしまったりと、かえって単調になってしまってるような。せっかくの恐怖シーンなのに怖さが目減りしてしまった気がするんですよね~。少なくとも、わたしはめっちゃコワイ、もうアカン! と目をつむってしまったシーンはなかったですよ。エグイな~って思ったところはあるんだけど。

 ストーリー的にも、81年のオリジナル『血のバレンタイン』は観ていないのにも関わらず、最後のどんでん返しであっと驚くこともなかったですし、どうにも平凡な印象がぬぐえない感じ。3D映画=特別料金ということでチケット代が大人ひとり2000円なだけに、ちょっと残念な印象が残ってしまいました。まぁわたしは立体的にまつ毛バッサバサのジェンセンの美貌をドアップで繰り返し堪能いたしましたので、かなり満足感があるんですけど(笑)、そういうポイントアップが望めない人には強いてはお勧めしないかなって感じ。

 ただ、ストーリーは今ひとつピリッとしてないんだけど、役者さんたちはがんばってたと思います。自分の引き起こした事故を引き金にした惨劇で心に深い傷を負ってしまったトムを演じていたジェンセン、自分の妻となったサラが昔の恋人トムを忘れていないのではないかと疑い、どこか暗さを漂わせるアクセル役のカー・スミス、どちらも良かったです。モーテルのシーンなどは『スーパーナチュラル』を思い出させるところがあって、サムが今にも登場しそうな気がしたのも、個人的にはなんだかツボでした(笑)。

 あと、日本上映版は映倫の関係かカットされているシーンがあるそうなので、アメリカ版を観てみたいな~。それに日本での上映は吹替版しかないので、役者さんたちの地声が聞ける字幕版も観たい。吹替版しかないのは、字幕を読みながら3D映像を観ると酔ってしまう可能性があるからと聞いたんですが、本当ですかね?? それなら3Dでなく普通の字幕版でいいから上映してほしいわ~ (←3D映画としてのキモを捨てろというのはちょっと無理難題か!?/笑)。

●映画『ブラッディ・バレンタイン 3D』の公式サイトはコチラ
[PR]
by nao_tya | 2009-02-16 23:28 | 映画感想etc.