映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

映画感想:『ラスベガスをぶっつぶせ』

〔ストーリー〕
 ベンはマサチューセッツ工科大学で優秀な成績を収め、ハーバード大学医学部への進学も許可されている優等生だが、これからかかる学費30万ドルをどうやって用意するかに頭を痛めていた。学費はもちろん生活費まで面倒をみてくれる奨学金制度に選ばれるのは至難の業だ。かといって母子家庭でアルバイトの時給8ドルの身ではとても費用を捻出することはできそうにない。そこに、ベンの天才的な数学力に目をつけたローザ教授が、カード・カウンティングの研究チームに入らないかと誘いをかけてきたのだが…。


原題:21
監督:ロバート・ルケティック
原作:ベン・メズリック
脚色:ピーター・スタインフェルド、アラン・ローブ
出演:ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ケヴィン・スペイシー

 週末にロバート・ルケティック監督の『ラスベガスをぶっつぶせ』を観にいってきました。この映画、原題は『21』という非常にシンプルなタイトルなんですが、邦題は原作本と同じですね (ちょっとカナのふりかたを変えてますが)。どっちかっつうと、ブラックジャックのルール上とても重要な数字である21と主人公の21歳という年齢、両方の意味を含んでいる原題のほうがスマートでいいと思うなぁ。まぁ好き好きだとは思いますが…。

 わたしはトランプゲームやギャンブルにはとんと疎いんですが、以前に海外ドラマ『NUMBERS』でカジノでは数学が使われているっていうのをネタにしたエピソードがあったので、この映画にも興味を持った次第。映画を観てみると、カード・カウンティングというものがテーブルに出たカードをカウントして残っているカードを計算し、賭け率があがったときに合図してチームプレイでディーラー (カジノ側) を出し抜く技だということまでは把握できたけど、その細かい方法なんかはまったくわかりませんでした(笑)。でもカウンティングの理論が理解できなくても十分楽しめる映画で、おもしろく観ましたです。

 主人公のベンは、頭はとてもいいんだけれど今までとにかく勉強一筋で、しゃれっ気なんてまったくない、内向的でどこかもっさりした印象の青年として登場します。それがラスベガスで大もうけして余裕が出てくると、強気になるし着るものも仕草もどんどん洗練されていくわけです。もともとの素材が悪くないからちょっと成金ぽくても許せる感じ(笑)。でもそうやって見かけのスマートさを得る代わりに失っていくものもたくさんあるわけで、本来の目的を見失ってどん底に落ちたときに初めてそれを悟って反省し、そこから大逆転していくというのはわりとパターンどおりの展開かな。

 それでも地味なボストンでの学生生活ときらびやかなラスベガスでの豪遊三昧の対比、ベンの憧れの女学生ジル役のケイト・ボスワースのファッション七変化なども楽しいし、観てて飽きることはなかったです。それに出演者のほとんどが若者のなかで、ケヴィン・スペイシーとローレンス・フィッシュバーンがどっしり腰をすえたさすがの演技で映画の要所要所に落ち着きを与え、ピシッとしめてくれてます。特にケヴィン・スペイシーの非常~に黒い大学教授が良かったわ(笑)。

 前半の展開がちょっとモタついてる気もしましたが、後になるにつれてサクサク話が進み始めるし、サスペンス、青年の成長物語、ロマンスと、いろんな要素をほどよくミックスして無難にまとめた感じで、さらっと観るにはとてもいい映画だったと思います。かなり脚色しているようですが、実話を基にしてるっていうのもインパクトありますしね! 天才的な数学の能力を持った仲間が数人集まればカジノで大もうけできるって云われても、凡才の身には夢物語にしか聞こえないけど、こうやって娯楽作になるとやっぱり楽しいです。

 映画の内容そのものとはまったく関係ないところで気になったのは、ベンがカジノで大もうけしたお金をキャッシュのまま保管しているっていうところ。なんで銀行口座を作らないの~!? アメリカの低所得者層の人たちの多くが銀行口座を持っていないというのは聞いたことがありますが、あれだけの大金をそのまま持っていられる神経がよくわからん(笑)。

 学生は銀行口座を作れないのか (そんなバカな…)。口座維持手数料をケチったのか。ってか、手数料ってそんなに高いものなんか、ベガスであんなに無駄遣いしてたくせに!? いや、ストーリーの展開上銀行に預けるとマズかったのかもしれないけど、それでもアレはどう考えても無用心じゃろ! ベン、あんたって頭いいはずなのになんかヌけてるわねぇ…。などと映画館のスクリーンに向かって心のなかで呟かずにはいられなかったのでありました(笑)。

●映画『ラスベガスをぶっつぶせ』の公式サイトはコチラ

●映画の原作本

ラス・ヴェガスをブッつぶせ!
 ベン・メズリック (アスペクト)
[PR]
by nao_tya | 2008-06-09 20:40 | 映画感想etc.