映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

映画感想:『傷だらけの男たち』

〔ストーリー〕
 2003年クリスマスの香港。凶悪犯を無事逮捕し、自宅に帰りついた香港警察の刑事ポン (金城 武) は、恋人がベッドで自殺しているのを発見する。
 3年後、恋人の死から立ち直れないポンは刑事を辞め、アル中の私立探偵となっていた。一方、親友で元上司のヘイ (トニー・レオン) はキャリアも順調、富豪の娘スクツァンと結婚し、幸せの絶頂にいるかと思われた。しかし、スクツァンの父親チャウが殺害される事件が発生。警察の捜査結果に納得のいかないスクツァンはポンに独自の調査を依頼するのだった…。


原題:傷城
監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック
脚本:アラン・マック、フェリックス・チョン
出演:トニー・レオン、金城 武、スー・チー

 台風4号が接近している土曜日、漢方クリニックに行ったついでに映画を観にいってきました! 台風最接近は日曜未明とのことだったし、まぁ夕方までなら出かけてても大丈夫だろうと読んだとおり、そこまで風雨が強くならないうちに家に帰りつくことができましたよ。ただやっぱり外出を控える人が多かったのか、梅田の地下街はいつもの週末に比べて人通りが少なかったですね~。

 で、観てきたのはアンドリュー・ラウアラン・マックが共同監督した香港映画『傷だらけの男たち』であります。『インファナル・アフェア』のスタッフが再結集した映画ということが盛んに喧伝されておりますな。云われてみれば確かにポスターとかの雰囲気も『インファナル…』と似たものを漂わせているような。

 最初、わたしはこの映画をチャウ殺しの犯人を捜すミステリなんだと思ってました。そしたら、ドカンといきなりラウが犯人であることが示されたもんでビックリです。ストーリーを追いながらあわてて頭のなかで軌道修正してました。結局、なぜラウがこの犯行にいたったのかを解き明かしていく映画であり、その過程で「愛するものをある日突然失った」ふたりの男たちが、再生していく様と破滅していく様を対照的に描いた映画でありました。

 トニー・レオンはこれが初の悪役ということでしたが、ラウは“悪役”という単純な一語ではくくりきれない、複雑な内面を抱えた人間だったと思います。トニー・レオンというお人はなにをしてても (たとえ爆笑していようとも!) どこか哀しげで、やるせないものを感じさせる目を持った人で、これは演技力云々というよりもう天性のもの。ラウはそんなトニー・レオンにぴったりな役柄でございました。

 金城武さんは、実を云いますとわたしあまり日本語でのお芝居だとしっくりこないんですよね。なめらかでキレイな日本語なんだけど、どこかピンとこないというか、違和感を覚えてしまうところがあって…。その点、この映画だと全編広東語なので違和感ナシ。アル中で自暴自棄でヨレヨレしてて、でもそこから少しずつ立ち直っていく様子がとても良かったです。ラウになついている(?)ところや、フォン (スー・チー) との絡みもかわいかった~。ポンがラウのことを呼ぶ「アッタオ (阿頭? ボスという意味らしい) という言葉の響きがなんだかいい感じです。

 とにかく主演のトニー・レオン、金城武はどちらも非常にオトコ前で、ふたりがスクリーンに並んで映るだけで絵になります。観てるとドキドキしてきちゃう。いやぁ良い目の保養をさせていただきました(笑)。このふたりのシーンでは、酔客にからまれるフォンを助けにいくポンに、ラウが笑顔で加勢するところが一番ほほえましくて好きだったかな。

 ストーリーのほうはと云いますと、ラウが犯人とわかった時点で彼には隠された過去があるだろうことなどはほぼ予想がついてしまいます。だけど畳みかけるように次々と伏線がはりめぐらされていき、それを見逃すまいと自然と集中してしまう展開のしかたで、最後まで飽きることなく観ることができました。過去をモノクロ、現在をカラーにしてふたつを重ねて交差させるシーンとか、見せ方もスタイリッシュだったし。

 ただ、主要な人間以外の顔と名前が一致しにくく、ストーリーを追っているだけではわかりにくいところがけっこうあったのが気になるかな。映画冒頭で逮捕された凶悪犯と、ポンが格闘した相手、ラウが最後の犯罪の犯人に仕立てようとした男が同一人物って、後で思い返して初めて気付きましたよ、わたし…。ていうか、3年程度で刑期を終えられるほど軽い罪だったか!?

 あとですね、ラウにまつわる悲劇が明かされ、当然と云えば当然の帰結に、それでもやりきれない気持ちで一杯になっていたたまさにそのとき。いきなり挿入されたエピローグにすべての余韻を吹っ飛ばされ、呆然としてしまったのはわたしだけでしょうか~っ!? あの能天気なエピソード、あれはちょっとないと思うんですけど…。ラウが20年以上もの間ひきずり苦しみ続けたものに比べ、ポンの悲しみはひどく表面的で軽いものでしかなかったって強調してるような気さえしてきちゃいますよ。ポンの再生を印象づけたいのなら、もっと違う描き方があったんじゃないのか~??

 最初に云ったように『インファナル・アフェア』のスタッフが作った映画ということで、どうしても引き比べてしまうし、そうなるとやはり軍配は『インファナル…』にあげてしまうのは否定できません。ポンの恋人は手首を切ったほうの手にナイフが残されてて、それってヘンじゃない? とか、スクツァンはのどを切開してるのにしゃべっちゃうのはどうよ? とか、自殺するのにこめかみでなくなんで額のど真ん中を撃つの!? とか、なんか色々細かくつっこみたいところはあるしさ~(笑)。

 それでも主演のふたりは魅力的だったし、展開もおもしろかったので満足感がありました! あぁこれでラストのエピソードがなければ… (←しつこい)。あとエンディングに流れる浜崎あゆみさんの歌、歌詞の内容は映画に沿ってるし曲調もいいんだけど、最後にきて突然日本語が耳に飛び込んでくるのはなんだか妙な感じ。香港版では香港の歌手がカバーしたものが使用されたそうだから、そのまんまのほうが良かったかも。

●映画『傷だらけの男たち』の公式サイトはコチラ
 このサイトのURL、“ドライウィスキー”なんですね!
 映画の公式サイトはタイトルそのままのURLが多いなか、こういうのってなかなかオシャレです♪
[PR]
by nao_tya | 2007-07-14 22:30 | 映画感想etc.