映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

映画感想:『スパイダーマン3』

〔ストーリー〕
 ニューヨークの人々から愛される存在となったスパイダーマン=ピーター (トビー・マグワイア) は学業も恋人のMJ (キルスティン・ダンスト) との仲も順調で、まさに絶好調だった。しかしMJは主演した舞台が酷評され役を降ろされてしまう。またスパイダーマンを父ノーマンの仇と信じて復讐を誓うハリーはニュー・ゴブリンに、伯父のベンを殺した真犯人フリントはサンドマンとなってスパイダーマンの前に現われた。一方、宇宙から飛来した謎の黒い液状生命体がピーターにとりつき、ピーターのなかでも変化が起こっていた…。


原題:SPIDER-MAN 3
監督:サム・ライミ
脚本:サム・ライミ、アイヴァン・ライミ、アルヴィン・サージェント
原案:サム・ライミ、アイヴァン・ライミ
原作:スタン・リー、スティーブ・ディッコ
出演:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコ

 大満足のランチが終わってみると、時間が思ったよりさしせまってきてました! 最初は徒歩移動の予定でしたが、変更して地下鉄で映画館へ。観たのはサム・ライミ監督の『スパイダーマン3』でございまーす♪
 『スパイダーマン3』は日本が世界最速公開だったそうですが、自分が観にいけなかったらいくら最速だろうと意味ないっちゅうねん! と、休みに入るのを心待ちにしておりました。

 シネコンに到着したら連休ということもあってすごい人・人・人~! わたしはネット予約していたので誰も並んでいない発券機をちょいちょいと操作するだけでしたが、チケットブースは長蛇の列。チケットを発行してもらうまで15分待ちの状態でした。予約しないで上映時間ギリギリにきた人は予定していた回を観られなかった人もいるんじゃないかな。

 映画はもうとーってもおもしろかったです~!!
 正直、前作まで1作につき1人だった敵役が一気に3人 (サンドマン、ニュー・ゴブリン、ヴェノム) に増えたせいで、各キャラクターを掘り下げて描写するエピソードが少なくなってしまい、彼らとの対決の決着に盛り上がりきらないところがあったとは思うんですけどね。せっかくのテーマである「赦し」の部分に対する感動が薄まってしまったというか。ヴェノムなんて完璧に単なる自己チューの逆恨み男にしか見えなかったぞ(笑)。

 でも、次々と登場する敵とスパイダーマンとのめまぐるしい戦いや、ピーター、MJ、ハリーの関係、ピーター自身の内側で起こる変化など、とにかく盛りだくさんの内容をスピーディに一気に見せてくれました。こむずかしいことを考えるヒマを与えることなく、最後まで勢いを止めずに突っ走っていくので、まるでジェットコースターに乗ってるような気分でしたわ。

 ジェットコースター気分は展開の早さからもきますが、迫力の映像面に負うところも多いです。スパイダーマンが摩天楼と飛び回るところもいいですが、特にサンドマンの登場する各シーンがすごいっ。砂の質量感とか動きとか、よくあれだけ本物っぽく再現できるもんだなぁ。

 今回は外側の敵と対するだけではなく、スパイダーマンたるピーターの内面にある黒い部分、悪意、嫉妬、怒りといった感情が増幅され傲慢になり、ブラック・スパイダーマンが出てきてしまう、というのは前情報として知っていました。で、ブラック・スパイダーマン自体は見た目、普通のスパイダーマンよりもシャープでカッコいいかも~♪ って感じだったんですが、ピーター(黒)がどうにもこうにも観ていていたたまれなかった…(笑)。

 本人はキザに決めてるつもりでノリノリなんだけど、周囲の人間はドン引きですから~ッ!!! と悲鳴をあげたくなっちゃうイタタタ具合で。トビー・マグワイアもこんな恥ずかしいシーンをよくやったなぁと、変なところで感心しちゃいました。

 ハリーとピーターのエピソードが、わたしにとっては一番の泣かせどころでしたね~。ニュー・ゴブリンとスパイダーマンが共闘するなんて、わたしにはまったく予想外だったので、ラストのバトルシーンは本当に驚きましたよ。いやぁびっくりした! もひとつびっくりだったのは、ハリーが“ファントム@オペラ座”になっちゃったこと。ハリーが生きてたら、MJの出演する舞台の地下に金にあかせて住まいを作るんじゃなかろーか(笑)。それにしても、執事さんも事情を知ってるならとっととハリーに教えてあげればいいじゃんか。と思うのはわたしだけですか??

 続編があるという話も出ておりますが、とりあえずの1作目から続いていた大きな流れに終わりをむかえたこの『スパイダーマン』シリーズは、単に敵と戦って打ち勝つというだけじゃなく、ヒーローの葛藤やそれを乗り越えての人間的成長などが描かれていたところが大きな魅力でした。だからラストにきてそれがちょっと薄れてしまったのは残念ですが、それでもかなりびっくりの展開が待ち受けていて、観ながらワクワク・ドキドキしっぱなし。おなか一杯の満足感がありました。映画館で観て損はない1本ですね♪

●映画『スパイダーマン3』の公式サイトはコチラ
[PR]
by nao_tya | 2007-05-04 23:14 | 映画感想etc.