映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画感想:『インファナル・アフェア』三部作

 前に記事をアップしてからずいぶん間があいてしまいました。なにをしてたかっていうと特になにもしてません(笑)。というか、数日続いた冷え込みのせいか、どうもここんとこお腹の調子が良くなくて、仕事に行く以外は家にこもってウダウダする毎日だったのでございます~。

 春分の日は祝日&レディスデイだしいつもなら映画を観にいってたと思うけど、この腹具合では上映中にトイレに駆け込む事態になりかねなかったので断念。途中で劇場を出たり入ったりすると大事なシーンを見逃しかねないし、なにより周りの人に迷惑だしね~。
 で、かわりに「インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】が届いてたので (←結局誘惑に負けてAmazonでポチった)、『インファナル・アフェア』三部作を一気見~!

 『インファナル・アフェア』の1作目はすごくおもしろかったんですが、実を云うとこれが前日譚と後日譚をくっつけて三部作になると聞いたとき、「ちょっと評判がいいとすぐ2匹目・3匹目のドジョウを狙ってくるのか、ちゃっかりしてんなぁ」な~んて考えてました (実際は1作目と3作目の構想は同時に出てたそうですが)。で、結局あとの2作は劇場では観なかったんですな。

 だがしかし。今回、三部作を一気に観たら、これがすごくわたしのツボにヒットしまして! ↑ みたいなこと思っちゃってごめんなさ~い、という気分になりましたです。1本の映画として考えたら、特に3作目の『インファナル・アフェアIII 終極無間』なんて意味不明な部分が多すぎるけど、三部作としてならとてもよくできてると思います。間をおかずに観たおかげで、細かいつながりに気がつくことができたのが良かったのかも。

 2作目の『インファナル・アフェアII 無間序曲』を観始めたときは、ラウとヤンを演じている役者さんが前作とは違うのでちょっと違和感があったし、実をいうとふたりともあっさり顔の二枚目さんなんで、顔の区別がイマイチつかなかった(笑)。でも話が進むにつれ、エディソン・チャン、ショーン・ユーが演じるラウとヤンが、それぞれ1作目のラウとヤンの雰囲気にちゃんと近づいてきたように思います。

 あと、前日譚ということで、1作目ではあまりはっきりしたキャラクター付けがされてなかった黒社会のボス・サムやウォン警部がクローズアップされてたのも良かった。特にサムなんて丸っこいおっちゃん、くらいのイメージしかなかったのにエライ過去があったのね~、とビックリいたしましたよ。サムが仕える新しいボス・ハウ役のフランシス・ンもインテリ系で物静かななかに凄みのある男がハマってました。

 で、そんな丸っこいおっちゃんを一途に思って行動し、結局そのためにいろんな人間の運命を狂わせることになる女性・マリーを演じたカリーナ・ラウに独特の雰囲気があってこれまたいい! “運命の女=ファム・ファタル”という言葉がぴったりでした。

 ストーリーも、『インファナル・アフェア』を観ているんだから誰が生き残るのかわかっているはずなのに、ラストの着地点の予想がつかずに最後までドキドキしながら観ることができたし、なにより『インファナル・アフェア』以前にはことがあったのか~、と世界観に厚みを持たせるものですごくおもしろかったです!

 3作目の『インファナル・アフェアIII 終極無間』は、後日譚なんだけど『インファナル・アフェア』以前のできごとが挿入されて時間軸を行ったりきたりするうえ、ラウの頭のなかの幻想? 妄想? まで出てきたりするので、付いていくのがけっこうしんどかった~。DVDで観ていたので、「あれ?」と思ったら一時停止して頭を整理できたけど、劇場で観てたらおいてけぼりを喰っていたかもしれない… (←アホの子ですから)。

 でも、ラウが「善人=ヤンのようにありたい」と願うあまり、どんどん追い詰められて壊れていく様は見ごたえがありました! 三部作のラストをどう〆るのかと思ってましたが、まさにタイトルのインファナル・アフェア=無間地獄にふさわしいラスト。やるせないものを感じつつ、うまくまとめたなぁと感心したりもしました。ハリウッドのリメイクとはずいぶん趣が違っていて、アジアらしい終わりなんじゃないかな~。

 そしてヨン役のレオン・ライとシェン役のチェン・ダミオンがシブい。シブすぎる~っ。この2人にトニー・レオン扮するヤンが加わった港でのシーン、すごく好きっ。無理なこととはわかってますが、もう一度3人で再会してほしかったですわ。そしてヨンのあっけない最後に涙…。

 『インファナル・アフェア』1本でももちろんおもしろかったですけど、三部作をとおして観ると、より奥が深くなって味わい深いものになりました。2、3作目を蛇足とみる人もいるかもしれませんが、わたしは三部作を観てよかったな~と思いましたです。ちゃんと劇場で観れば良かったと、チト後悔。でも3作目は家でじっくり観て正解だったかな。
 今回は公開順に観ましたが、また時間のあるときに2 → 1 → 3の時間軸順で観てみようと思いまーす。
[PR]
by nao_tya | 2007-03-24 23:38 | 映画感想etc.