映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

映画感想: 『ドリームガールズ』

〔ストーリー〕
 1962年のデトロイト。エフィー、ディーナ、ローレルの3人は“ドリーメッツ”というグループを結成し、音楽で成功する夢を抱いて新人オーディションへの挑戦を繰り返していた。彼女たちの才能に目をつけた中古車販売業者のカーティスはマネジメントを買って出、人気歌手ジェームズ・アーリーのバック・コーラスに抜擢させた。やがて“ザ・ドリームズ”と改名してソロデビューを果した彼女たちは全米中の注目を集めはじめるのだが…。


原題:DREAMGIRLS
監督:ビル・コンドン
原作:トム・アイン
脚本:ビル・コンドン
出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン

 レディス・デイだったせいか、平日の昼間なのに観客が多かった~! しかも9割がた女性という状態(笑)。エフィーを演じたジェニファー・ハドソンが助演女優賞を受賞した、アカデミー賞の発表のあとだった影響もあるのかもしれません。

 この映画、とにかくすごく音楽・歌がいいですね~!!! 出てくる曲、出てくる曲、ノリがよくて耳に残るものばかり。ジェニファー・ハドソンやビヨンセはもちろんですが、ほかのキャストもみんなすごい歌唱力です。歌を本業にしていない俳優さんがこれだけ歌えるなんて…!
 華麗でゴージャスなステージングに衣装もめっちゃ良かったです。映画が終わったあとはコンサートを観にいったような充実感がありました。

 助演のジェニファーが主演のビヨンセを喰ってしまったとよく云われてますが、キャラクターの設定上、ディーナはエフィーほど歌にパワーがなく、自分らしさ、個性を失っていく役なので、これはある程度いたしかたのない結果だったような気もします。むしろ自分をおさえて、あくまでディーナという役に徹したビヨンセの演技はなかなか良かったんじゃないかなぁ。自分の感情を爆発させる「Listen」は聞いてて胸に迫るものがあったし。成功したあと、歌っているときは生き生きとした表情なのに、私生活の場面ではどこか憂いを秘めて陰りのある表情なのが印象的でした。

 それにビヨンセはとにかく美しかった…! 音楽関係にはとんと疎いもので、ビヨンセの名前くらいは聞いたことがあってもそのヴィジュアルは頭に入ってなかったんですよね。
 だから最初に画面に登場したときは、確かに顔立ちは整っているけれど、抜きん出てキレイってわけでもないな~なんて思っちゃったんです。
 ところが、ディーナはスターダムを駆け上るにつれどんどん洗練されていき、その垢抜け方は目を見張るものがありました。もともとの素材の良さに完璧なメイクとファッションが加われば、まさに無敵の美しさ。ため息ものです。

 そして、そんなディーナに容姿で劣るためにリードシンガーの座を譲ることになり、絶対の自信を持っていた歌唱力さえも、カーティスの目指す白人にも受け入れられる音楽にはパワフルすぎると切り捨てられてしまうエフィーを演じたジェニファーは、確かにすごい存在感でした!

 エフィーの「歌はわたしのほうがうまいのに!」という憤りや、白人に媚びるようなカーティスの路線への反発は確かにわかるんだけど、どうも自己中心的な印象があって彼女のことは好きになれなかったんです。ほかのメンバーやカーティスと対立するシーンでも、自分にはまったく非がないかのような態度で、最初は子どもが地団駄ふんで怒ってるようにしか見えなかった。なのに、「And I Am Telling You I'm Not Going」が盛り上がっていくにつれ、そのすさまじいまでにエモーショナルなジェニファーの歌に圧倒されて、ちょっと息苦しいくらいの気分になっちゃったんだもん。いやぁすごい迫力だった~。

 エディ・マーフィーの演じたジミーの、時代に取り残されていくスターの悲哀みたいなものも良かったです。この人がこんなに歌えるんだということにまずビックリしたし。
 最初は純粋に黒人の枠をこえて成功し、黒人の音楽がみなに認められることを目指していただろうのに、いったん成功してしまうとどんどん独善的になっていき、最終的には“家族”と呼んだすべてを失ってしまうカーティス役のジェイミー・フォックスも案外ハマってました。だがしかし、わたしとしては平凡な男がとんでもない事態に巻き込まれて、ひぃひぃ云いながらも事態をなんとかしちゃう役をやってる彼のほうが好きだったかも (単に『コラテラル』のマックスが好きなだけともいう/笑)。

 ストーリー自体はオーソドックスで特にすごく惹かれるものがあるわけじゃないんだけど、とにかく音楽、歌がすごくイイ! ミュージカル映画が大丈夫なかたは、ぜひぜひ音響の良い映画館で観ていただきたい映画です~。

●映画ドリームガールズの公式サイトはコチラ
[PR]
by nao_tya | 2007-03-02 23:07 | 映画感想etc.