映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

京極夏彦 『邪魅の雫』

 昨日はブログを更新しようかな~と思いながら、入院中からちまちま読み進めていた京極夏彦氏の『邪魅の雫』をもう少しで読み終えそうだったので、そちらを優先させてしまいました。これでようやく読了です~。
 おかげさまで通勤にこの新書とは思えぬほどぶっとい本を持ち歩かなくてもよくなりますわ。座って読むぶんにはかまわないんだけどさ、つり革につかまりながら読んでると、ページを片手で開いた状態にホールドしてるのって疲れるんだよな、この本(笑)。

 京極夏彦さんの「妖怪」シリーズは、各話で事件が起こり様々な登場人物が出てくるんですが、そこで出てきた人たちがまた次の作品にも顔を出すことがよくあるわけですね。これがシリーズ8作めともなると、わたしのような鳥頭の人間には「○○さん…? えーと、どこでお目にかかりましたっけ??」という状態になってしまう。簡単に記された“××事件の関係者”という説明も、どの事件の概要もうすぼんやりしか覚えていない鳥頭にとってはないのも同じになっちゃって。ここのところ、このシリーズを読むたびに事件と人間関係を整理した関係図がほしいよぅと切実に思ってしまいます。

 今回の事件は次から次へと人が殺されていって、その殺人にはとあるモノが共通しているために連続殺人事件とみなされるものの、その“とあるモノ”以外の共通点、連続性が見えてこない。ただ、読んでいくうちに、各事件はかぶっているものがあっても、それぞれ別の独立した事件なんだっていうことは見えてきて、なんとなく話全体のトリック (という云い方は正確ではないかもしれませんが) は把握できたように思います。うっすらと事件の落ち着き先がわかるのは、前作の『陰摩羅鬼の瑕』と同じような感じ。
 そうやって見えてしまった分、京極堂の登場でからまりあっていた事件全体が解体され、ほぐされていくカタルシスは少なめだった気がします。やっぱり一番最初に読んだ『姑獲鳥の夏』の衝撃度を再現するのはなかなか難しいですね~。

 あと、“昔話”と“伝説”と“歴史”の違いなどはふんふんと頷きながら読めてとてもおもしろかったです。京極堂の登場シーンが少ないのに比例して今回は薀蓄も少なくて、いつものように情報量に圧倒されることがなかったため、頭に入ってきやすかったのかもしれません(笑)。しかしこうなると妖怪との関連づけもあっさりしていて、読みやすいけど物足りなさを感じてしまうのは如何ともしがたいですな。

 みっちりとした議論という意味では薄めの話でしたが、かわりにキャラクターの掘り下げがしっかりされたという印象もあります。榎木津さんはいつものキレはなかったけど人間的な部分が、益田くんの軽薄でお調子者の部分に隠された側面などが描かれて親しみが増したし、なにより青木文蔵くんがすごい成長ぶりをみせて男前度が急上昇してましたよ! 人に勝手な仇名をつけまくる榎木津さんに、ちゃんと名前で呼んでもらえるというのはなかなか画期的なことですもんね。そうそう、今回は関口さんがかなりマトモでしっかりしてたのも驚きです。榎木津さんを心配する関口さんの姿を読む日がこようとは…っ。

 そして、人間味が増した榎木津さんだからこそ、物哀しい、切ないエピローグが心に残る場面になった気がします。
 法律では裁かれなかったけれど「罰を受けた」“彼女”が今後どうするのかが非常に気になるなぁ。『塗仏の宴』であっさり殺されてしまった織作茜嬢のような再登場の仕方はしないことを祈りますです。

 ところでこの『邪魅の雫』、事件が起こったことになってる大磯・平塚では「地域限定特装版」なるものがあるんですね。重版分はAmazonでも買えるみたいで地域限定版っぽさがなくなってる気がしますが、初版分がほしいかたはやっぱり大磯や平塚まで足を伸ばされたんでしょうか。
[PR]
by nao_tya | 2006-11-26 12:52 | 読書感想etc.