映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

読書感想:J.K.ローリング 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

 『ハリー・ポッター』シリーズは自分では買わず、同僚のO野さんに貸してもらっているので、いつものごとく世間さまから遅れて『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を読了いたしました。
 ローリング女史がこれからどんどんダークな展開に…、てなことを云っていたので、上巻の「どこの青春学園恋愛ドラマやねん!」という運びには正直面食らいましたが、ハリーやロンが自分の気持ちがどこに向かっているのか認められず、悶々・ジタバタしている様子がかわいくて、なかなかおもしろかったです。もはや彼らの成長を見守る近所のおばちゃん状態ですな。
 前巻くらいからかな? ロンの妹というだけでなくえらくジニーがクローズアップされていたので、彼女がハリーの意中の人になるのはやっぱりなぁという感じで納得。ハキハキと明るく果敢で、けっこう毒舌家の美少女ジニーはチョウ・チャンより好感度が高いです。ロンに対する「あっちこっちで二匹のうなぎみたいにジタバタのたうってたのは、どなた?」という発言には笑わせてもらいましたわ。
 んー、でもロンの態度はどう考えても不誠実だよね! 自分が好きなコより自分を好きだとハッキリ態度で示してくれるコにフラフラいっちゃう気持ちもわからないではないですが、それが間違いだと気付いたら、自分から態度をはっきりさせるくらいの勇気や誠意は見せなきゃ。この軟弱者ぶりでは、ハーマイオニーが将来苦労するのは見えてます。やめとくなら今のうちなんだろうけど、そういうとこも理解したうえでハーマイオニーはロンが好きなんだろうなぁ(笑)。
 また、この恋愛模様を見ていても、ハリーにとってロンやハーマイオニーとの友情が絶対に失いたくない、とても大切なものなんだということがわかります。ホグワーツに入学するまでのハリーはとにかく人との繋がりが希薄だったから、強く結びついた関係を壊したくないという気持ちがひと一倍強いんだと思う。それだけに、今回のダンブルドアの死は悲しかった。
 実を云うと、この巻で死ぬとしたらダンブルドアかスネイプのどちらかじゃなかろうかと考えていたので、ダンブルドアがお亡くなりになったこと自体には、さほど大きな衝撃を受けることはありませんでした。でも、両親、名付け親、恩師と、庇護者を次々と亡くし、否応なしに子どもではいられなくなるハリーがやはりかわいそうで…。
 だからこそ、どこまでも一緒に行くと云ってくれるロンとハーマイオニーの気持ちにはジーンときてしまいました。あと、DAの召集に応じたネビルとルーナも本当にいい子たち! 前作の『フェニックス騎士団』に引き続き、裏づけがないとなかなか行動を起こせない大人たちにもどかしさを感じるだけに、子どもたちの行動力と真っ直ぐな友情には救われた気分になります。
 ハリーたちのほかに新しいカップルが誕生したのも、暗いお話のなかでは嬉しいできごとでした。英語の発音が不自由でどうにもバカっぽそうに見えちゃうし、ハリポタの女性陣にはお色気いっぱいのとこがどうにもウケが悪いけど、重傷を負ったビルにフラーが見せる愛情はすばらしかったです。ぜひとも7巻ではふたりの盛大な結婚式の模様を伝えてほしい!
 ルーピンとトンクスのカップルもいい感じ。「いまはそんなことを話す時じゃない」なんてルーピンは云ってますが、こういう明日生きているかどうかもわからないときだから、ちゃんと自分が大事に思っている人間にはその気持ちを伝えなきゃいけないんだと思うぞ。ハリポタでは女性たちに比べて男性たちがどうもウジウジしちゃっていかんですな。
 いよいよ最終話となる第7巻はホグワーツが舞台になることはないのかな。それともヴォルデモートとの最終決戦は、やはりふたりともに思い入れがあるホグワーツでなのかしら。
 『謎のプリンス』で残った謎のうち最大のものは、分霊箱をすり替えた「R.A.B」が誰かということですね。シリウスの弟のレギュラス・ブラックが怪しそうですが、彼のミドルネームって出てきてたっけ?
 あと気にかかるのは、スネイプ、ドラコ、ピーター・ペティグリューの3人。ダンブルドアにあれだけ信頼されていただけに、スネイプが本当に裏切り者なのか未だ確信が持てません。まだもうひとひねりあると期待したいところ。殺人を犯すという一線は踏み越えられず、弱さを見せたドラコは7巻でどんな行動をとるのか。一度ハリーに命を助けられたピーターは?
 そして、実を云うとまだこっそりシリウスの復活に望みをかけているわたしなのでした。む、無理かな~。
[PR]
by nao_tya | 2006-06-03 23:36 | 読書感想etc.