映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

映画感想:『ステキな金縛り』

〔ストーリー〕
 弁護士の宝生エミは熱意はあるが、法廷では失敗続きでもはや後がない状態。そんな彼女に、妻殺しの疑いで起訴された矢部五郎の弁護が任される。矢部は妻が殺された時間、自分は落ち武者の里にあるしかばね荘で、落ち武者の幽霊に金縛りにされていた、と主張。しかばね荘を訪れたエミは落ち武者の幽霊・更科六兵衛を説得し、彼を法廷の証言台に立たせるのだが…。


監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛

 5日が仕事始めではありましたがすぐに3連休にはいってしまい、まだまだお正月気分が抜けませ~ん。いけませんよね、こんなことでは…。とか云いつつ、3連休には三谷幸喜監督の『ステキな金縛り』を観てきました。今週末で上映終了のところが多いみたいで、まさに滑りこみ鑑賞。小さいスクリーンにはなっておりましたが、観客が半ば以上入っていましたよ。

 今回はジャンルとしては殺人事件をめぐる法廷モノではあるのですが、三谷作品らしく“落ち武者の幽霊が証言台に立つ”という奇天烈な設定が付加されたコメディで、なかなか楽しかったです。ちょっとした脇役にいたるまで名の通った役者さんが登場してるし、三谷作品をずっと観てきた人なら再登場したキャラクターにニヤニヤしちゃうだろうし、とにかくサービス精神満載でした。役者さんの持ち味をよく活かしたキャラクターを作っているので、細かいエピソードまで笑いを誘ってきます。

 あくまで幽霊が証言台に立つために事件を起こしたって感じで、真相の暴き方とかは割と大雑把な感じで意外性はありません。しかしながら、見えない人が大半の“霊”という存在をどうやって証明するかというドタバタ劇から、登場人物の抱えている悲しみが昇華していく人情劇へと移り変わっていく展開はやはりうまいです。主人公のダメダメ弁護士・宝生エミを演じた深津絵里さんがとてもキュートで、エミの奮闘ぶりも微笑ましいんだよね~。

 エンドロールが流れてる間もエミのその後がわかるつくりになっていて、「恋人と仲直りしたんだな~」とか、「お、子どもさんが誕生してる!」とか、最後の最後まで観てる人を退屈させない配慮にはただただ感心。しかし、エミの家では写真を撮るとすべて心霊写真になっちゃうということなのかしら。それはいかがなものか(笑)。六兵衛さん、ポイント使いすぎだよ!

 あと、フランク・キャプラ監督の「素晴らしき哉、人生!」や「スミス都へ行く」を知っていれば、楽しさ倍増かも。もちろん観てなくても支障はありませんが、『ステキな金縛り』を観たらどんな映画なのかきっと気になってくると思います。

●映画『ステキな金縛り』の公式サイトはコチラ
[PR]
by nao_tya | 2012-01-11 12:10 | 映画感想etc.