映画や本の感想アレコレ。ネタバレにはほとんど配慮してません。ご注意! 


by nao_tya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画感想:『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』

〔ストーリー〕
IMFエージェントのハナウェイはコードネーム「コバルト」に渡される秘密ファイルを奪取する作戦上で殺害され、ファイルも横取りされてしまう。作戦のチーム・リーダーのジェーンとベンジーはモスクワの刑務所からイーサン・ハント脱出させ、イーサンを新たなリーダーとして「コバルト」の正体を探るためにクレムリンの侵入することになった。ところが、別組織が引き起こした爆破に巻き込まれたイーサンはロシア情報部に爆破テロの首謀者だと決めつけられてしまう…。


原題:Mission: Impossible – Ghost Protocol
監督:ブラッド・バード
脚本:アンドレ・ネメック、ジョシュ・アッペルバウム、クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、ポーラ・パットン、サイモン・ペグ

 あけましておめでとうございます。ろくに更新もしていないわがブログでございますが、本年もよろしくお願いいたします~。

 さてさて、年があけまして元旦は姉夫婦、弟夫婦がやってきてお節などをいただいて過ごしましたが、夕方くらいには彼らも自宅へ戻ったので、そこから2日までちびちびワインをすすりながら読書にいそしんでおりました。そして3日は本年お初の映画鑑賞へ。観たのはブラッド・バード監督の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』。

 平成24年しょっぱなの映画がトム・クルーズ主演作っていうのが自分的にどうなんだ? という感じなんですけど。いや、トムちんの映画を観たっていうとき、なぜか「いや別にわたしトム・クルーズのファンというわけじゃないんだけどねっ」とイイワケしたい気持ちに駆り立てられるのよ~(笑)。

 映画そのものはなかなかおもしろかったです。「ミッション:インポッシブル」シリーズのなかでは1作目と同じくらい好きかも。トム・クルーズが体をはって演じるアクション・シーンはさすがの迫力。ドバイのブルジュ・ハリファ・ビルを使ったシーンとか手に汗を握っちゃいます。もちろん撮影時はワイヤやハーネスなど落下防止の策をたくさん講じてるんだろうけど、あの高所で動き回るだけでもすごい。軽い高所恐怖症のケがあるわたしだったら、あの高さでは足がすくんで一歩も動けないもん。

 公式サイトなどは一切チェックせず予告だけ観て映画館へいったので、ジェレミー・レナー (@『ハート・ロッカー』) が登場したときはびっくり。もしかしたらIMF内部の裏切り者でイーサンに殺されちゃうのか!? なんて考えましたが、思わぬ活躍ぶりで予想を覆してくれました。冒頭にジョシュ・ホロウェイも出てきたし、先日観た『リアル・スティール』のエヴァンジェリン・リリーといい、『LOST』組もがんばってますねぇ。アニル・カプール (@『スラムドッグ$ミリオネア』) はちょっともったいない使われ方で残念。

 3作目を観たときに気になった続編でのジュリアの存在も思わぬ伏線となっていたし、ルーサーがワンシーンながらしっかり登場したのもよかったです。1作目の吊下げアクションのパロディ (という云い方が正しいのか…?) も組み込まれていて楽しめました。ここらへんはシリーズもののもつ旨みってやつかな。

 上映時間は132分とちょい長めですが、クレムリンへの潜入、ドバイでの高層ビルアクション、砂嵐のなかでのカーチェイス、ムンバイの立体駐車場での格闘などなど、見どころもりだくさんで長さを感じさせません。ストーリー自体は特に入り組んだものでもないので、純粋にアクションを楽しんでいられました。ハラハラ・ドキドキして観たあとはスッキリ! というまさにTHE娯楽作! お正月に観るにはぴったりな映画だったと思います。満足♪

●映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の公式サイトはこちら
[PR]
by nao_tya | 2012-01-04 21:58 | 映画感想etc.